« 野菜が主役  ル・ポタジェ | トップページ | 夏目漱石 »

R100RSのパニアステー

昨年末にオークションで求めたR100RSツインサスのパニアステーの取付を試みた。

Img_0585

取付位置と工具を確認した。タンデム用のステップは外さないと厳しいことに気付いた。

Img_0589

案外簡単に外すことが出来た。ステップを外すと6mmのステー取付の穴が見える。

Img_0587

ステーは若干の錆はあるものの、変形している箇所はない。

Img_0591

リアフェンダーの上に、両方のステーを結ぶ筒に、新たに購入した長いボルトは通らなかった。位置がずれていた。筒を通さずにボルトだけで固定した。かなりしっかりと止めることができた。さて、これからが問題。パニアケースをどのようにして手に入れるかが・・・?

当分はオークションで探ることにする。

ところで、桜も散り始めた。天気がいいので夕方の空も美しい。昨日の夕方は、桜の木の向こうに夕陽が輝いていた。

Img_0854

帰宅してから、妻が求めた珍しいお酒をいただいた。

Img_0879

超濃厚ヨーグルト酒と杜氏が淹れた珈琲。どちらも食前あるいは食後に合うお酒である。

杜氏が淹れた珈琲は、牛乳やミルクで割ると美味しい。食中には向かないお酒である。

女性には大変好まれるようだ。

Img_0839

食後には、届いたJAZZ100年の「朝日のようにさわやかに」を聴き比べた。いつの間には、寝てしまった。春は本当に眠い。

|

« 野菜が主役  ル・ポタジェ | トップページ | 夏目漱石 »

BMW R100RS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R100RSのパニアステー:

« 野菜が主役  ル・ポタジェ | トップページ | 夏目漱石 »