« Public & R nine T | トップページ | タラの芽 »

焙煎コロンビア 

妻が気に入ったNEW RTのシートはこんな具合だ。

Img_9421

フラットで腰があり、握るバーも両脇のいい位置にある。流石BMW。しっかりと進化している。

Img_9427

前方のK1600GTLも後方のRTもよく似ている。異なるのは、エンジン。シルキーな6気筒か、味わいのあるボクサーツインか。最近はツアラーよりも、すっかりGS人気である。みんなGSでいいのかな?と心配になる。

16日(水)の早朝5時前に目覚めた。外は次第に明るくなってきた。いつものように、ココアを作った。時間が早く、コーヒー豆もなくなってきたので、朝から焙煎することにした。

Img_0629

いつもの「なか舎」の生豆である。コロンビア。

Img_0630

200gを焙煎の網に入れる。ブランディングコーヒーから求めたものだ。

Img_0632

初めはダンパーを閉めて煎る。次第に水分が抜けていく。Img_0633

5分ほどすると色づいてくる。今日はいつもよりもゆっくりと煎っている。

Img_0635

10分ほどすると、かなり色づきいい臭いがしてくる。

Img_0636

15分ほどすると、かなり濃くなってくる。煙もかなり出る。

Img_0637

ちょっと焙りすぎたかも?20分ほどで焙煎するのがいいという。ここから一気に冷やす。

Img_0640

完全に冷えたところで、焙煎したての豆でコーヒーを入れる。目覚めた妻も「なかなかいけるね」と満足していた。2、3日すると香りも良くなり、コーヒーも旨くなる。週末が待ち遠しい。

Img_0623

仙台の桜はどこも満開に近い。桜が自然にマッチしている。日本の良さがある。合理的な考え方とか、競争原理とかを忘れさせてくれるものがある。

Img_0621

何か語りたくなるような光景がある。物語もある。仕事を忘れて、自然のことや将来のことを語りたくなる。

|

« Public & R nine T | トップページ | タラの芽 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焙煎コロンビア :

« Public & R nine T | トップページ | タラの芽 »