« せり | トップページ | あすという日が  大震災から3年 »

ゆと杜倶楽部  遠刈田へ

3月9日(日)、両親を誘って遠刈田へ向かった。秋保を通って釜房ダムへ。

Img_9606

湖面は半分凍っていた。秋保から釜房までの道は、適度なワインディングロード。バイクで何度か通っている。両側に雪が残っているが、道路は乾燥していた。

Img_9607

遠刈田のこけし館に寄ってみた。東北地方のこけしを中心に相当数が飾られている。

Img_9610

優しい顔のこけしが好きだ。鳴子系が好きだ。

Img_9618

こけしひなまつりがあった。こけしだけのおひな様。なかなか素敵。

Img_9625

一緒に行った息子は、童心に返って駒を回していた。小さい頃の感覚を取り戻し、かなり上手い。

Img_9623

小さい頃、春休みや冬休みに毎年鳴子温泉に行った。一日に何度も温泉に入り、よく鳴子の町を散歩した。こけしを作る作業をじーっと見て、興味を示していた。その時のことを思い出した。

Img_9620

蔵王チーズの特売所で休憩。いろんなチーズを試食。娘がストロベリーをゲット。

Img_9632_2

駐車場にコペンが3台。しかも3色。絵になっていた。

Img_9634

いつかはオープンをと思っている。VWのEos。カメラではない。VWのゴルフカブリオレ。ミニのコンバーチブルもいい。ビートルもいい。「夢を見ていなさい」と、家族には言われる。

遠刈田へは、仙台から近い。遠くの温泉に行くのもいいが、近くもいい。時間的なゆとりがある。80を過ぎたも父親は元気で喜んでいた。孫との会話を楽しんでいる。母親も、初めての蔵王に興味津々。夜になると、雪が降ってきた。

|

« せり | トップページ | あすという日が  大震災から3年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆと杜倶楽部  遠刈田へ:

« せり | トップページ | あすという日が  大震災から3年 »