« 生豆を煎る  初挑戦 | トップページ | タイヤ交換  GOLFⅣとODEYSSEY Absolute »

BLUEBIRD910 

6時前に玄関を出ると、南の空に月が。空は青かった。

Img_4179

東の田圃に向かって散歩。朝陽が眩しかった。

Img_4191

田圃には、薄氷がはっていた。春の気配が感じられる。

Img_4197

田圃にたまった水に朝陽が映っている。

Img_4202

霞の目飛行場の周りを歩いた。東からみると滑走路が見えた。その向こうに仙台市街が朝陽に染まっていた。

Img_4213

南の方を見ると八木山方面のテレビ塔がそびえ立っていた。

Img_4214

ちょっと民家に入ると、道端に猫が・・・。

Img_4217_2

さらに歩くと、なんと懐かしい。今でもあるなんて。もう30年になるだろう。

Img_4218

BLUEBIRD910があった。1979年に発売された人気モデル。沢田研二がコマーシャルに出ていた。 実は小生も乗っていた。

Img_9945_2

北海道で撮影した写真である。今はない4ドアハードトップ。新古車で120万円ほどで購入した記憶がある。ベストセラーだった510に戻ったデザインでよく売れた。月間販売台数は15,000台程度だったように思う。この頃はNISSANファンで、その後NISSAN車が続いた。

910は地を這うようだった。足がよかった。発進時には、後ろがしっかり下がって、路面に食いついた。リヤはセミトレだった。四輪独立懸架だった。NISSANの技術が光っていた。TOYOTAよりも好きだった。あのときのNISSANはどこに行ったかな?

Img_9947

今ではスカイラインも遠くに行ってしまった。桜井健一郎が泣いているかも?スカイラインは、FRにこだわった。BLUEBIRD910もそうだった。BMWもFRにこだわり続けている。動物と一緒で、後ろ足で力を出して、前足でコントロールするという自然を大切にしたのだろう。FRでマニュアルの車に乗りたくなってきた。

Img_4220

自宅に戻るとき、草木に目がいった。

Img_4219

偶然の出会いに、昔を思い出した。時々立ち止まり、原点に返って見ることもいい。車やバイクのデザインやコンセプトも、初期の頃に沢山のヒントがあるのかもしれない。VWやBMW、ベンツが頑なに、ポリシーを守っているように。

|

« 生豆を煎る  初挑戦 | トップページ | タイヤ交換  GOLFⅣとODEYSSEY Absolute »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLUEBIRD910 :

« 生豆を煎る  初挑戦 | トップページ | タイヤ交換  GOLFⅣとODEYSSEY Absolute »