« ビーフシチュー   78年ぶりの大雪に  | トップページ | 仙台の街と泉ヶ岳 »

仙台所縁の人物  仙台市博物館に

建国記念日(11日)の朝も冷えた。昨夜は遅かったので、ゆっくりと起きた。我が家の家族はまだ寝ている。いつものようにストーブに火を入れた。

Img_8639

朝の空気を吸いたくて外に出た。真冬の青空が広がっていた。我が家の煙突も青空に溶け込んでいた。室内の空気を排出してくれている。
Img_3135

大雪になる前の先週、久しぶりに仙台市博物館に行った。ちょっと時間があったので一回りしてみた。正面玄関前。
Img_8517

玄関から左手に行くと、島野武像があった。当選回数7回の仙台市長だった。長らく、仙台市長と言えば島野武氏だった。
Img_8518

さらに右手に行くと、魯迅の像があった。中国の小説家だった。1900年代の初めに仙台の東北大学に留学していた。
Img_8521

そして、その右には林子平がいた。
Img_8524
その奥には伊達政宗の像がある。博物館の周りに仙台所縁の人の像がこんなにあったとは思わなかった。仙台市民なのに知らなかった。地元のことを案外知らない。

Img_8526


Img_8530

玄関の真向かいには茶室があった。詳しくは分からないが、急に年末に見た「利休にたずねよ」の映画を思い出した。
Img_8536

市街を見渡すと、こんな光景が。ちょっと高い位置にあるのだ博物館は。周囲の樹木を見ると、新緑や晩秋の頃が良さそうである。この頃、花鳥風月に目を奪われる。

歴史と伝統のあるものにも目を奪われる。物事のことわけを知ると、賢くなったような錯覚に陥る。でも面白い。
Img_8531

自宅の周りを回って戻るとき、朝日に光っていた。

Img_3136

今日は、モトライブO2にタイヤ交換をお願いしていたR1150RTをとりに行く予定だった。

_mg_9360

雪がとけるまで待つことにした。受験シーズンの今。

「雪と問題が解ければ春」

|

« ビーフシチュー   78年ぶりの大雪に  | トップページ | 仙台の街と泉ヶ岳 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台所縁の人物  仙台市博物館に:

« ビーフシチュー   78年ぶりの大雪に  | トップページ | 仙台の街と泉ヶ岳 »