« ブレアハウス | トップページ | 雪の中のR100RS&R1150RT »

金成から伊豆沼へ

22日(土)、両親の顔を見に、金成に向かった。最近は、高速を走るときには敢えて、時速90キロぐらいにして、クルーズコントロールを使う。追い越されるが、マイペースで気楽に走れる。ポテンシャルのあるオデッセイ・アブソルートには申し訳ないが。

Img_9220
若柳・金成ICを降りて、金成の延年閣へ直行。昨夜の疲れを取るために、一風呂浴びることにした。露天風呂に入って、ゆっくりと空を眺めた。隣にサウナもある。

Img_9186
駐車場は一杯だった。風呂は空いていた。大広間から笑い声が聞こえてきた。大分盛り上がっていた。

Img_9199

まもなく80になる母は、相変わらず料理好き。ニンジンを豆腐であえたものが美味かった。蕎麦のたれは、鶏肉とネギがたっぷりと入っている。
Lunchi
4時過ぎに、伊豆沼に向かった。くりこま高原駅近くの田圃には、マガンが羽を休めていた。
Img_3190
夕陽が沼面に輝いている。白鳥が、気持ちよさそうに夕陽を浴びている。伊豆沼の西は、一日の終わりを告げようとしている。
Img_3223

東は、まだ明るい。白鳥が戻ってきた。
Img_3225
別の方向を見ると、こちらにからも。撮りながら、Eos6Dがほしいと思った。うーーん。
Img_3229
まだまだ、EOS kissは使えるが・・・?
Img_3265
逆光での白鳥は、なんか絵になる。シャッターを押したくなる。
Img_3270
今日は、いい写真が撮れているような気?がする。
Img_3288
沼面に降りる白鳥。
Img_3316
そして、沼面から飛び立つ白鳥もいい。
Img_3321
沼面の半分は、氷に覆われている。
Img_3337
マガンが戻ってきた。丁度夕方の5時。音楽が流れた。
Img_3365
夕陽に向かって飛ぶマガン。
Img_3370
次第に夕陽が沈んで行く。
Img_3401
マガンが沼に戻ってきた。
Img_3417

Img_3427

Img_3441
頭上をマガンが。
Img_3457
正月以来の伊豆沼。父が言うには、今年は鳥が伊豆沼から飛んでいくのがいつもよりも遅いという。マガンは、北に帰るときには、南からの春風を利用するという。まだまだ、春風が吹いていないのか。来週あたりには気温が上がるようだ。その時、マガンは北に向かって旅立つのかも?

いい時間を過ごせた。築館ICから仙台に向かった。

Img_3478

仙台東ICで降りて、霞の目飛行場の脇を通った。仙台の街の灯りが輝いていた。

|

« ブレアハウス | トップページ | 雪の中のR100RS&R1150RT »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金成から伊豆沼へ:

« ブレアハウス | トップページ | 雪の中のR100RS&R1150RT »