« 珈琲香房「なか舎」    | トップページ | 自家製塩辛 »

Reis Kaffee 

今朝(28日)の仙台も冷えた。氷点下5度ぐらいだろうか?日中は、かなり暖かくなった。

昨夕、仙台の街並みと泉ヶ岳にレンズを向けてみた。

Img_2660
こうやって長いレンズを向けてみると、仙台のビルも高層化が進み、大都会になったと実感する。

Img_2662
泉ヶ岳のスプリングバレーのナイター照明も見えている。しばらくナイターにも行ってない。子供が小さい頃、金曜日や土曜の夜に行った。3人の子供たちは、小さい頃から山形蔵王のハイムスキースクールにあずけたので、みんな上手である。息子は、とうに小生の域を超えている。

Img_2705
今朝の泉ヶ岳は、実に綺麗だった。空気が澄んでいるためだろうか?迫って見える。四季折々の泉ヶ岳を眺める楽しさを、最近見つけた。仙台市民がもっと愛すべき山だと思う。

Img_2714
今朝の街並みも美しい。まさに大都会?

Img_2755
木々の間からのやまなみも美しい。あまりの寒さに手がかじかんできた。薄い手袋を忘れてきてしまった。

Img_8278

昼の打ち合わせや会議の合間にコーヒータイム。今年初めて、北目町にあるReis Kaffeeに寄った。マスターの米さんは、いつものように笑顔で迎えてくれた。車を店の前におかせてもらって、まずは腹ごしらえにReis Kaffee向かいの「とうがらし亭へ」に行った。時間がないので日替わりを頼んだ。
Img_8276

今日の日替わりは、中華飯にラーメン。お店の女将さんは、注文をした私の顔を見るなり、「ボリュームがかなりありますよ」とアドバイスしてくれた(笑)。よっぽど、小食だと思ったのだろうか?

変更しようとしたら、既に麺を入れたとのこと。「ご飯と麺を調整します」と言ってくれた。有り難い。

注文して2分ぐらいで出てきた。あまりの速さに驚きと感動。参った。これでは変更は無理なはず。薄味になれている小生にとっては、濃すぎる味だったが旨い。麺はものすごく細かった。
Img_8274

Reis Kaffeeに戻って、コーヒーを。
Img_8279
米さんのBMWR60も元気だという。カフェレーサータイプのR60はかっこいい。

Img_8280
オリジナルのポットは、一つ譲ってもらったが、中々重宝する。

Img_8283
米さんは、年明けから、奥さんに何か付けたらと言われたという。チョコが付いた。コーヒーにはチョコが合う。最高の組み合わせ。
Img_8285

コーヒーはおかわりが出来るようにポットに入ってくる。有り難い。これで400円は安い。2杯以上あったような気がする。いつもReis Kaffeeはレコードがかかっている。その上に目をやると、何とも言えない温かさを感じる時計が目に入った。しっかりと動いている。Reis Kaffeeには、古い扇風機、電話機などがあるが、みんな元気にしっかりと動く、これがいい。
Img_8281

Img_8286

今日も足跡を残した。いろいろな出会いがあり、いろいろなことを感じる。いい時間を過ごせると、充実感がある。人間はやっぱり一人では生きていけないと実感する。
Img_2769

冷えた朝だが、やまなみは綺麗だった。シェルコム仙台の屋根とやまなみがマッチングしていた。
Img_2703

|

« 珈琲香房「なか舎」    | トップページ | 自家製塩辛 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Reis Kaffee :

« 珈琲香房「なか舎」    | トップページ | 自家製塩辛 »