« アーモンド  | トップページ | Cafe・Zorro »

綿屋  栗原の酒

今朝(23日)は、早朝に仙台駅に行く用事があったので、5時過ぎに外に出た。



Img_7935

一面雪景色、空には雲が少なく半月が見えた。小一時間で戻ると、大分明るくなっていた。



Img_7939
GOLFⅣで出掛けた。BSのスタッドレスは、昨年末に新しくした。厳しくブレーキをかけてみた。よく効いた。オデッセイ・アブソルートは、眠っている。



Img_7929

戻って釜を見ると、昨夜準備していた玄米黒豆ご飯が出来ていた。玄米と黒豆がふっくらと炊きあがる、非常に美味である。
Img_7940
茶碗で軽く一杯食べて、いつものようにコーヒーを入れて出掛けた。タカヒロのポットを使い始めてから、鉄瓶でいれていた時とまるで味が違うようだ。細いお湯が味を引き出しているようだ。
Img_7946
バイパスは雪が舞っていた。いつもよりもスローペース。しばらくすると東の空が明るくなっていた。

Img_7953

夕方、久しぶりに河原町にある熊谷酒店に足を運んだ。
Img_8009
ここには、宮城のお酒がある。中々手に入らないお酒がある。綿屋、伯楽星、日高見、日輪田、橘屋、乾坤一など。

Img_8010

週末に石川県の穴水に持っていく綿屋を購入した。珍しい綿屋の生酒である。なかなかないと店主は言う。
Img_8012
我が家用には、加美で作っている山和を買ってみた。新酒である。純米吟醸。最近は、酒の量も減った。特に日本酒は激減した。

Img_8018

魚や煮物、味噌汁などの一汁一菜にあう酒は何とも言っても日本酒である。日本酒は、ガンを予防するとも言われる。もちろん、適量であれば・・・?



小生などは、和食が好きなので、ついつい進んでしまう。最近は、そうならないように敢えて避けているのかも・・・?でも、旨いんだな。



今夜の夕飯は、妻が美味しいポトフをつくっていたので、昨夜の残りのワイン一杯で十分だった。



日本には、本当にいい食材、いい日本酒がある。焼酎もある。最近は、大和葡萄酒の古代甲州のように、素晴らしい白ワインもある。こんなに恵まれている国はないのでは・・・?と思うときがある。もっともっと、日本を大事にしたい。歴史と伝統を大切にしたいと思う。

|

« アーモンド  | トップページ | Cafe・Zorro »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綿屋  栗原の酒:

« アーモンド  | トップページ | Cafe・Zorro »