« 公衆電話 | トップページ | 久しぶりの撮っている感じ »

感性

今朝は、忙しい天気だった。右手を見ると朝日が雲に隠れつつも、明るい世界があった。


しばらく行くと、今度は雪の世界。

めまぐるしく変わる昨今の日本のようだ。頭も身体もついて行けない、高度情報社会である。2009年発行の筑紫哲也さんの「このくにの面影」を思い出した。
重んじられた価値は何かと言うと、とにかく「スピード」であります。そして「効率」であります。しかし、そういう社会というものが人間にとっていいのかどうかということはどこかに飛んでいます。
  そういう社会の中で、世界で最も忙しいはずのカルロス・ゴーンさんが、インタビューで「忙しければ忙しいほどプラグを抜く」、つまり、しばらくは立ち止まることが大事だということを言っております。

昨夜は、大震災以降お世話になっている方との会食だった。半年ぶりの再会。仙台は通町の「内海」。


親方は、魚を中心に和食を提供してくれる。

フグの唐揚げは美味だった。帆立の和え物も、シンプル。お刺身も見事。

今宵は焼酎のお湯割で。震災時の話や復興の様子を聞いた。知らないことが、沢山あった。困っている人とそうでない人の温度差が大きい事を改めて感じた。
Img_3160
場所を移した。お店に入るや否やトイレに。
素敵な絵とアートの世界。座って、ウィスキーをいただいた。久しぶりのウィスキー。
Img_3161
なんと、ボールのような氷がグラスに入っていた。初めて。一箇所でしか扱ってないとのこと。
Img_3174
左を見ると啓翁桜が。お正月にも満開の桜が楽しめるという。山形で作られている。温室で加温すると桜は騙されて、花を咲かせるという。
右手を見ると、花が淡い光を放っていた。
Img_3175
正面の棚には、グラスやボトルが整然と。
Img_3167
グラスは、同じものが一つとなかった。オーナーに聞くと、お客様の雰囲気とかを感じながらグラスを選ぶという。こだわりがあった。色使いにもこだわりがあった。まさにアナログの世界である。
Img_3170
賑やかな女性客が二人ほどいたが、落ち着いたいい空間だった。感性と知性を感じさせるお店だった。干したマンゴーとブトウ、チーズのお通しも絶妙だった 。
Img_3163
ボールのような氷と調和に感動して帰宅。タクシーの運転手さんにも、知性と感性を感じさせるおもてなしの心があった。
時には、プラグを抜いてゆっくりとした時間に浸りたいと思った夜だった。

|

« 公衆電話 | トップページ | 久しぶりの撮っている感じ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

☆binkenさんへ
今回も良い話をありがとう・・・
立ち止まって深呼吸してリセットするは、「忙しい挟間に遊ぶ」LYNXCLUBのもっとうです。
ですから皆さん生き生きしています・・・
「感性」豊かな人は、そこに優しさを持っていると言う共通点が有りますね・・それが好きなんです。
binkenさんも、その一人かと思います。

投稿: LYNX☆ | 2014年2月 1日 (土) 07時37分

☆LYNX☆さんへ
単純に「いいな」と思える感覚を大事にしたいなと思うこの頃です。
LEICAはいいですね。(笑)今日は、35年ほど前の単レンズで遊ぼうと思っています。

投稿: binken | 2014年2月 1日 (土) 10時03分

☆binkenさんへ
LEICAまだ手元に有りますよ(笑)

投稿: LYNX☆ | 2014年2月 1日 (土) 16時24分

☆LYNX☆さんへ
イヤー参りました。お誘いありがとうございます。

投稿: binken | 2014年2月 1日 (土) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感性:

« 公衆電話 | トップページ | 久しぶりの撮っている感じ »