« 綿屋  栗原の酒 | トップページ | 藤塚・亘理へ  R1150RTで »

Cafe・Zorro

24日(金)の朝は、日本一高いといわれる仙台の地下鉄で泉中央へ。時間が経つにつれて、青空が広がり、泉ヶ岳などのやまなみがとても近くに見えた。コンデジもなく、iphoneで撮ってみた。
Img_3132
透明度が高く、視界がよく、やまなみが迫って見えた。気温は相当低く、(-5度?)歩いているうちに、耳が痛くなった。30分ほど歩くと、体は温まった。
Img_3133
歩きながらいろんなことを考える。いろんなアイディアが生まれる。最近、自宅から仙台駅までの約6キロを1時間ほどかけて歩くこともある。

「歩くって」いいなあと思う。数日前の早朝のラジオで、かつての日本人が話題となっていた。人間は、一日に40キロぐらい歩けるような体になっているという。人間てすごいなと思うと同時に、現代人の退化を感じた。

「歩くこと」=「考える」ことかなとも思った。大袈裟だけど松尾芭蕉の心境かな?

午後に、ちょっと打ち合わせがあり外に出た。連れて行っていただいたカフェは、旧4号線七北田?にある「Cafe・Zorro」

Img_3138

歴史を感じさせるお店だった。
Img_3137
カウンターにテーブル。奥にはいい雰囲気の空間があったが、入れなかった。
Img_3135

中に入ると、ピアノがおいてあった。コーヒーをいただいた。あっさりとしたした中にほどよい苦みがあり、美味しかった。カウンターにあるクッキーがほしくなった。

お店の人に聞くと、昭和50年からやっているという。38年を過ぎたという。歴史を感じさせる。温もりがある。最近、街にはいろんなカフェが出来ているが、やっぱりこういうお店がいい。いわゆる「喫茶店」と呼ばれるような。

仙台には、もっと喫茶店があったが、大分なくなっているようだ。

Img_3136

夜は、ちょっとした新年会。疲れた体に、柔らかな灯りが心地よさを感じた。
Img_3139

今日25日は、石川県の穴水に行き、神戸の方々と合流する予定だったが、急遽中止となった。いろいろなスケジュールを変更して、穴水行きを予定した。残念である。もともとの予定がすべて蘇った。

|

« 綿屋  栗原の酒 | トップページ | 藤塚・亘理へ  R1150RTで »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

昨日のお話を聞いて実地踏査してきました。
何度も前を通ったことのある場所だと分かりましたが,中は思った以上の「喫茶店」で驚きです。

行って見たいと思いました。

投稿: tonky | 2014年1月25日 (土) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cafe・Zorro:

« 綿屋  栗原の酒 | トップページ | 藤塚・亘理へ  R1150RTで »