« 閖上の朝市 | トップページ | 本質 モトライブO2にて »

七ツ母里 R100RSにて

早朝から庭のバラの剪定をして、時間ができたので、昼前にRSを起こした。昨日はちょっとRTを起こしてあげた。国道4号を北上し、富谷から県道356号線で宮床方面へ。

Img_6253

457号線に出て、宮床ダムで休憩。ここまで30キロ。今日から師走。初冬の山は、ほとんど落葉している。色もくすんできた。
Img_6254

RSは相変わらず快調。OHVボクサーツインのサウンドが心地いい。足下の温もりもこの季節には有り難い。
Img_6260


Img_6262
目的地の「七ッ母里」を通り過ぎてしまったので、アイフォンで検索してちょっと戻った。

Img_6264
西から457号線を左折して、細い道に入って橋を渡り右手の方にある。里山Dining「七ッ母里」の看板が自然に溶け込んでいた。

Img_6266
車が7・8台とバイクが一台止まっていた。玄関を入ると親方が迎えてくれた。一杯なのでこちらでいいですかと通されたところは、版画のあるいい雰囲気の部屋。

Img_6269
申し訳なさそうにお茶とおしぼりを運んできてくれた。

Img_6272
手打ちに蕎麦は絶妙な固さと味わいがあった。器も味わいがある。箸は筒に入って出てくる。おもてなしの極意がある。

Img_6274

食べ終わる頃にそば湯が。鉄瓶のようなものに入っていて、これまた蕎麦を引き立てている。親方のサービスでコーヒーをいただいた。有り難い。家族を連れてきたいところである。来週あたり夕飯をいただきに行きたいものだ。

箸はお持ち帰りくださいとのことで、箸を包む袋をいただいた。


Img_6275

門には「一生懸命営業中」の看板が・・・。中に入ってその一生懸命さが分かったような気がする。


Img_6278

帰り際に、隣に止めてあったレガシーの紳士に、「あのころのBMWはいいね」と声を掛けられた。

Img_6281
一台のホンダCB1300は、タンデムのご夫婦だった。丁寧に挨拶をされた。いい雰囲気で七ッ母里を後にしていた。

Img_6258

小生も、後ろを振り向きながら、七ッ母里を後にした。満足、満足。久しぶりに美味な蕎麦だった。先週、TVで放映されたので、週末は大変な賑わいだったようだ。何度も訪れたい七ッ母里である。

|

« 閖上の朝市 | トップページ | 本質 モトライブO2にて »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/58679567

この記事へのトラックバック一覧です: 七ツ母里 R100RSにて:

« 閖上の朝市 | トップページ | 本質 モトライブO2にて »