« 冬至に故郷へ  七ッ母里経由 | トップページ | 伊豆沼に戻るマガンの群れ »

新しい命が   アメリカの友人

アメリカに住む友人が来日した。友人は、2年前に日本からお嫁さんを連れて行ったWさんである。

12月22日の冬至の日に赤ちゃんが誕生した。おめでとう。Mailで画像が送られてきた。Wさんが帰国する前に、お嫁さんになるKさんとともに我が家に遊びに来た。震災直後の夏だった。いろいろなことが少し落ち着いて動き始めたときだった。

デッキで夕食を共にして、ビールを飲んだ。Wさんは日本酒も大好き。奥さんが英語が堪能なので、あまり日本語を覚えていない。(笑)

Ueron_005

2年前に生きていた我が家の愛犬クロスに話し掛けていた。

Ueron_004

Wさんは、アメリカに帰国してからはロースクールに通い、法律の勉強をしている。就職をするには、結構大変そうである。

今回は、奥さんが運転するミニで来てくれた。ミニは、私の好きな車の一台である。ミニのコンバーチブルは特に魅力的である。
Img_2890
おみやげに、コーヒー豆を持ってきてくれた。やや酸味があり、とてもおいしい珈琲である。甘いクリスマスケーキにも良く合う。紙の袋に入っているところが、何とも言えない味わいを醸し出している。
Img_2904


Img_2895

送ってくれた赤ちゃんの画像は、どれもはっきりしている。
Baby1

生まれたばかりの赤ちゃんとは思えない。奥さんも元気で何より。
Baby2

家族が一人増えて嬉しそうなWさんとKさん。
Baby3_2

Wさんは年明けに、奥さんは2月にアメリカに戻るという。Wさんは、いつも小生に「いつアメリカに来るの?」と聞いてくる。いつか必ず訪問したい。

家族3人が幸せになることを祈っている。本当におめでとう。

|

« 冬至に故郷へ  七ッ母里経由 | トップページ | 伊豆沼に戻るマガンの群れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい命が   アメリカの友人:

« 冬至に故郷へ  七ッ母里経由 | トップページ | 伊豆沼に戻るマガンの群れ »