« BSのVRX 驚き | トップページ | 成熟社会に行かないと  本当に »

バイク乗りのお店 

仙台は北目町にある Reis Kaffee は、BMWのGSとR60に乗るYさんがやっている。この4月に開店。退職後1年経ってからのお店開き。

Reis_kaffee2013_09_234

以前からコーヒーが好きで、いろいろな喫茶店に足を運んでいたという。30年から40年前のレコードを持っていて、お店で聴かせてくれる。

Img_5968

季節外れではあるが、今の時期でもかき氷を出してくれる。

お店には,古い扇風機がある。古い電話もある。みんな今でも動く。

Img_5965

週末に御邪魔したら、年配の男性が二人、ゆっくりとした時間を過ごしていた。しばらくすると、女性3人がはいってきた。Yさんの知り合いで広報係だという。一気に賑やかになった。

コーヒーは、カップとReis Kaffeeオリジナルのマグボトルに入ったものが出され、2杯分ある。椅子は、フランス製でなかなかの座り心地。Yさん曰く「元をとるまでしばらくかかるな」と。

お店の前にある、GSとR60が目印である。

Img_5970_2

Img_5969

その夕、縁(YENISHI)に行ってみた。

Img_2643

鶏料理のお店である。初めて行く。店主の飯野さんとは、1ヶ月ほど前にマックスフリッツで出会った。いろんなものを見ているときに声を掛けられた。駐車場に止めたR100RSやマックスフリッツのSさんのK100RSの話題で盛り上がった。飯野さんは、郡山のLYNX()さんとも知り合いだった。菅生で泥んこレースにでるというバイク乗りである。

お店を出て、若林の拉麺勇気に寄った。再度飯野さんに会った。飯野さんが、「縁」をやっているということを知り、今回足を運んだ。飯野さんは、しばらく東京で鶏料理を学んできたという。

Img_2644


Img_2646


Img_2645
鶏の刺身、焼き鳥、鶏のたたきなど、どれも上品で美味だった。ビールグラスは一ミリにも満たない薄さで、ビールの味を引き立てていた。日本酒の数も多く、鶏料理に合った。しばらくぶりで飲んだ日本酒は効いた。

以前紹介した,亘理のラーメン屋さん「すえひろ」は、こだわりの米沢ラーメンである。

040
店主のMさんは、GSに乗る。

Img_9837
定休日の月曜日には、いろいろなラーメン屋さんに行って、今でも勉強をしているという。「すえひろ」のラーメンは、縮れ麺にあっさりとした中に深い味わいがあるスープで、何度食べても飽きない味だと思う。10月末に、檜原湖畔にある会津山塩ラーメンを食べにお供させてもらった。世界に一つしかないダカールカラーのGSとともに。

Img_9864

Img_9916

時々思う。バイクを乗る人は、四季折々の風を感じ、その土地の臭いを感じながら走る人が多い。それぞれに豊かな感性をもっている。モノや事象にこだわる人も多い。「Reis Kaffee」のYさんも、「縁」の飯野さんも、「すえひろ」のMさんも、味や店の雰囲気にこだわりながら、常にいいものを提供しているのだろうと思う。これからも楽しみにしたいお店である。

さて今夜も、遠見塚の「なか舎」の豆で淹れたコーヒーが旨かった。一匙のウイスキーが気に入っている。

|

« BSのVRX 驚き | トップページ | 成熟社会に行かないと  本当に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイク乗りのお店 :

« BSのVRX 驚き | トップページ | 成熟社会に行かないと  本当に »