« 弱点も 味わえば いい味になる | トップページ | 晩秋 冬の準備 老いの準備(その2) »

晩秋 冬の準備 老いの準備

朝の一仕事を終え、妻も娘も出掛けたので、R100RSを起こした。気温は6度ぐらいかも?

仙台は長町ICから乗り、東北道へ。雲一つない快晴。80キロから90キロに保ち、3000から3500回転。実に気持ちのいいクルージング。、村田を過ぎると右手に蔵王連邦。高いところは雪景色。真っ青な空に白が溶け込んでいた。

国見SAで小休止。霧が発生していた。何とも言えない幻想的な世界。

Img_5876

Img_5877


Img_5875
隣にF800R。白と黒のモノトーンが美しい。

Img_5882

Img_5884
モトライブO2のお客さんだった。これから南相馬に向かうという。BMWの仲間である。

Img_0900


Img_0905
桑折から飯坂に向かう道は、すっかり晩秋。木々が赤く染まっている。

Img_0907

Img_0918


Img_0914
摺上川ダムに向かう道には美しいシーンが数多くある。

Img_0941
RTが過ぎ去る。福島ナンバーだった。

Img_0951

Img_0956

Img_0958

湖面が実に綺麗。
Img_0962

Img_0968
湖面の青さと木々の色合いが絶妙。
Img_0969


Img_0972
RSは自然に溶け込んでいる。

Img_0979

Img_5898


Img_5901

冷えた手袋をボクサーで暖める。
Img_5909
Img_5914

Img_5923
国見から高速に入り、川崎から秋保、そして西仙台ハイランドの入り口へ。
Img_5930


Img_5928
どうだんの里の蕎麦は、更科で美味だった。昼を過ぎると混み始めた。

Img_5932

Img_5935

Img_5939

Img_0992

これから新川の岩谷堂にあるビーマーさんに。(続)

|

« 弱点も 味わえば いい味になる | トップページ | 晩秋 冬の準備 老いの準備(その2) »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/58588322

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋 冬の準備 老いの準備:

« 弱点も 味わえば いい味になる | トップページ | 晩秋 冬の準備 老いの準備(その2) »