« 晩秋 冬の準備 老いの準備 | トップページ | BSのVRX 驚き »

晩秋 冬の準備 老いの準備(その2)

国道457号線から国道48号線に出て山形方面へ向かう。しばらく行くと赤い煉瓦造りのニッカウヰスキー工場が見える。左折して、岩谷堂方面へ。

Img_0997
輸入屋ビーマーさんのログハウスを見つけるまで時間がかかった。以前、この奥にあるアンクルサムというレストランに来たことがあった。10年以上も前なので、すっかり忘れている。

Img_5952

ビーマーさんのログハウスの前でRSから降りると、ビーマーさんが温かく迎えてくれた。R100RSをじっくり見てくれた。中に入り、スタンドなどを見せてくれた。OHVボクサーツインの話が実に楽しかった。ほとんどの部品はあるという。

Img_5953

Img_5954
いろんな話をしているうちに、ビーマーさんの愛車R50を見せていただいた。綺麗に手入れされていた。サイドバックにトップケース。銀色のエンジンが光って見えた。エンジン後方にキックがあるのが面白い。
Img_2634

Img_2635
後方からのラインが実に美しい。今のバイクにない美しさである。BMWの四輪車に通ずるものがあるように思う。

Img_2641

Img_2638

私がいろんなものを見たいという顔をしていたためか、ビーマーさんは、倉庫にあるバイクも見せてくれた。目に入ったのは赤のR100RS。いい色だった。

Img_5959

整備して乗ってみたいと思った。是非実現を・・・。何とも美しい、落ち着いた赤。エンドが濃くなっているところがいい。

Img_5956
BMWのシングルを初めて見た。シンプル。
Img_5962
来春までに、パニアを付けることにした。ビーマーさんにお願いをしてきた。

Img_5955

約1時間、BMWボクサーツインの話がとても参考になった。いつまでも聞いていたかったが・・・?また、遊びに行きたいと思う。

それにしても、赤のRSが気になる。触ってみたい。ビーマーさんが電話の対応をしているとき、奥様(?)は、古い木材などを片付けていた。ログハウスの外壁を塗るお手伝いをしていたようだ。奥様に、「冬の準備ですか?」と尋ねると「冬と老いの準備です。」と答えてくれた。なるほど・・・?小生も、薪ストーブの掃除や庭の整理など、冬の準備は少しずつしているが、老いの準備はまだだった。老いの準備も少しずつやる必要があると実感した。

ビーマーさんにお礼を言って、ログハウスをあとにした。ビーマーさんは、帽子をとって丁寧に「気をつけて」と挨拶してくれた。有り難かった。楽しみが一つ増えた。

|

« 晩秋 冬の準備 老いの準備 | トップページ | BSのVRX 驚き »

BMW R100RS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋 冬の準備 老いの準備(その2):

« 晩秋 冬の準備 老いの準備 | トップページ | BSのVRX 驚き »