« 東京モーターショー  一度は行ってみたい | トップページ | 閖上の朝市 »

初冬の散策  久しぶりに自転車で

今日は義父の月命日。起きて薪ストーブに火を入れた。

Img_6164

外の空気を吸うと、そんなには冷えていなかった。煙突を眺め、自転車で義父母が眠る保春院に向かった。

Img_6167

街路樹の銀杏は、もう落葉。
Img_6172

保春院に着くと、新しく建立した本堂の東にある楓が朝日で光っていた。晩秋というか初冬の美しさがあった。若いときには、こんなシーンに目を止めることもなかった。
Img_6177

中央の楓も、朝日を浴びてコントラストが綺麗だった。
Img_6178


Img_6181
お墓に手を合わせた。その後、久しぶりに薬師堂に行ってみた。

Img_6185
銀杏と楓のミックスが美しい。

Img_6187
落ち葉には、朝露が。朝日を浴びて光っていた。

Img_6192

赤く輝くドウダンツツジ。
Img_6190

空高くそびえる銀杏。樹齢何年だろう。
Img_6198


Img_6199

お日様があがってきた。
Img_6200
広瀬川を見たくなって自転車をこいだ。途中の河原町で、素敵な庭を見つけた。

Img_6203
山の蔦を使って、見事なリングを作っていた。
Img_6207

震災後に始めたという。
Img_6211
カラオケ教室?のようなものをやっている。

Img_6212

聞くところによると、12月3日の正午に、仙台放送で放映されるという。
Img_6213
震災後に、この地に戻ってきて住んだという。何か、心の豊かさを感じるいい出会いがあった。まさに「早起きは三文の徳」である。バイクや車と違って、動くスピードが違うので、別な出会いがある。

Img_6214
広瀬川に。東の空には、太陽の光が帯状に。

Img_6216
堤防を見上げると大きな樹木が・・・。

Img_6219

自転車をおいて一休み。お金も携帯もおいてきた。あるのは、デジカメだけ。ランニングをする老若男女が多い。
Img_6222

ちょっと歩いてみると、椅子用(?)に作った石に刻まれていた。
Img_6224_2
体は暖かかったが、ちょっと貧弱な手袋のために手は冷たくなった。自宅に、向かった。火を入れていったストーブの薪はおきになっていた。ストーブの上の鉄瓶もいい塩梅。

Img_6224

大久保焼きの茶碗にお湯を注いで、手を暖めた。
Img_6229_2

朝は、妻が作った玄米と黒豆の雑炊。これで体が暖まった。

Img_6229

近隣を歩いたり、自転車で走ってみるのもいいものである。新たな発見がある。ゆっくりとした速度で味わえるシーンと出会いがある。モータリーゼーションがなかった時代は、そういう味わいと出会いが、コミュニティーを形成していたのだろう。その時代に戻ることは不可能だろうが、どこかで速度を落とした歩みが必要なのだろうと思う。

「変えることがすべて善、新しいものがすべて善」ということではなく。

|

« 東京モーターショー  一度は行ってみたい | トップページ | 閖上の朝市 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/58669518

この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の散策  久しぶりに自転車で:

« 東京モーターショー  一度は行ってみたい | トップページ | 閖上の朝市 »