« BMW R100RSやってくる なんとアクシデント | トップページ | 空を眺めて »

BMW R100RSが少し綺麗になった

止まれからスタートして、アクセルオン。あっという間に私の手元から放れていったR100RSの補修にかかった。カウルにはたくさんの傷とひび割れがあったので、納車後に補修するつもりではいたが、仕事を増やしてしまった。パテで埋めて、その後タッチペイントで目立たなくした。

R100rshosyu9_2

購入してきたプロテクターで傷をさらに目立たなくした。

R100rshosyu7

左にも大きな傷があった。

R100rshosyu4

これもタッチペイントで塗り、同様にプロテクターで。タッチペイントは、メルセデスのものである。こういうときには、外車用のものが合うときがある。

R100rshosyu5

イメージして購入したシルバーのプロテクターは案外似合った。

R100rshosyu8

その後、カウル周りにゴムのモールを施してみた。

R100rshosyu2

一休みしてメーターパネルをみると、カチカチと音がする。アナログ時計の音だ。このアナログの世界がいい。

Anarogwatch

シート周りにもモールを貼ってみた。

R100rshosyu10
なかなか上品になった。至る所に傷があったり、擦れがあったりするのは1979年式のバイクだからやむを得ない。自分なりに手を加えながらつきあっていこうと思う。34年経ったこのRSとはできるだけ長く付き合いたい。まだ40キロほどしか走っていないが、エンジンも良好。ボクサーサウンドがいい。RTよりもいい。ボクサーに乗っているという感じである。

高速で120キロほど出してみたが、ブレもない。今後、跳ね上がらないサイドスタンド、クリアのスクリーン、そしてパニアケースをそろえていこうと思う。16年経つとこのバイクは50歳。そこまでいきたい。私のほうが危ないかも。

強い台風が来ている。京都では26万人に避難指示というニュースが入ってきた。自転車で旅に出ていた息子も、昨夜水戸から高速バスに乗って戻ってきた。自分で判断したようだが正解だろう。ルイガノの自転車もお疲れ様。

Louis_garneau

今朝は、妻のケーキでコーヒータイム。

Cake1

切ってみるとこうだった。

Cake2

昨夜帰還した息子は、ケーキを食べながら旅の話をしてくれた。先に紹介したWork Shop夢幻の方との出会い。会社員に声を掛けられて一緒に食事をし、「安定を求めてはいけない」とアドバイスをされたとのこと。いろんなことがあったようだ。

|

« BMW R100RSやってくる なんとアクシデント | トップページ | 空を眺めて »

BMW R100RS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMW R100RSが少し綺麗になった:

« BMW R100RSやってくる なんとアクシデント | トップページ | 空を眺めて »