« 自転車での一人旅  出会い | トップページ | BMW R100RSが少し綺麗になった »

BMW R100RSやってくる なんとアクシデント

 天気のいい朝、庭の植木を剪定し、今日納車予定の1979年式のR100RSの駐車場を確保した。バイクや自転車などを一つにまとめた。

Tyusyazyo

真ん中にRSを置くことにした。妻と一緒にモトライブO2へ。すでにRSは準備されていた。エンジンをかけると快調。LEDランプもいい。中に入って、妻と一緒にTシャツなどを買って、コーヒーをいただきオイルの量やその他のメインテナンスを教えていただきスタート。

お店から出ていつものT字路で左折。そのとき、何が起こったか分からなかった。私の体からRSが離れていった。ハンドルだけは残っていたがリアが滑った。RSは路面に横たわった。私に、しっかり頼むよと言うかのように。

大きなダメージはなかったが、もう一度O2に戻ってマイスターのKさんに見てもらった。

もともとひびが入っていたカウルだが、大きくなった。

Rsaccsi

気を取り直して、ボクサーサウンドを聴きながら、長町ICから高速へ。ETCの具合もOK。

高速の巡航もなかなかいい。これぞ、ボクサーOHV。今日はちょっとにしておいて、帰宅。

駐車場へ入れた。

Rsaccsi2

妻に転倒のことを言うと、「怪我は?」と。初めての転倒に驚いていたが、まあよしということで。きっと、RSは私に「十分に注意して運転してくれよ」と言っているのだと思った。

どう修正するかを考えながらRSを見ているとなんとスクリーンにもダメージが。

Rsaccsi4

まあ仕方ない。RSの調子は最高にいい。

Rsaccsi3

山形から薪が届いたので、午後はその作業に専念して、その後、RSの補修にかかった。まずは、パテで埋め込んだ。カウルの左右にはもともとたくさんの傷とひび割れがあったので、補修しようと思っていた。その時期があまりにも早くやってきたということ。

一通り終えて、夕方一回りして再びモトライブO2へ。スクリーンの交換をお願いした。まあゆっくりとやろうと思う。夕方のLEDランプの具合はすこぶるいい。信号で止まっていると、二度ほどエンジンが止まったが、ボクサーツインのサウンドがいい。このバイクは、長く愛せそうだ。

Rsled

転倒した原因を振り返って見た。転倒した場所も再度確認した。すると、道路に工事のための鉄板が30センチほどの幅で敷いてあった。見逃したのだろう。

タイヤが新品で当たりがついていないことを忘れていた。ダンパーの調整もしていなかった。つい、R1150RTの感覚でバイクを倒し、左折したからだろう。スロットルも甘く見ていたのかもしれない。たかが70PSと。

|

« 自転車での一人旅  出会い | トップページ | BMW R100RSが少し綺麗になった »

BMW R100RS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMW R100RSやってくる なんとアクシデント:

« 自転車での一人旅  出会い | トップページ | BMW R100RSが少し綺麗になった »