« 自転車で散策 | トップページ | 樋口一葉  6人の美女が好演 »

夏から秋へ  美しさ  

 朝晩大分涼しくなった。日本の各地で異常気象となっている。

 つい先日、NHKの朝のニュースで東京の高層ビルが天候に影響しているというようだということが報道されていた。湿った空気が高層ビルにあたり、上昇気流が発生して、雨を降らせるということだ。科学の好きな私にとっては納得のいく説明であった。科学や数学の世界には美しさがある。定理や法則には必ずや美しさがある。

 人間が効率優先で生活するあまり、人間が培ってきた「知恵と技」「美しさ」を疎かにしているから、自然は自然の法則で対抗しているように思えてならない。

 今夕、美しさの中に幻想的な世界を想像させる光と影を見た。

Yuyake_2

Yuyake2_2
昨日、仙台空港に迎えに行く途中、イタリアンレストラン「プリモ」に寄った。妻が知り合いから教えてもらったという。迷ったが何とかついた。駐車場は満杯であったが、客の回転は速かった。お店の外観に美しさがあった。シンプルであるが美しい。

Purimo3_2

中に入ると、テーブルとカウンターがありほぼ満員だった。素敵な女性が応対してくれた。メニューは、綺麗な字で記されていた。ランチを頼んだ。小生はBランチ。サラダにパスタ、コーヒーにデザート。

Purimo1_2

テーブルクロスには、パスタの食べ方が記されてあった。イタリアでは、スプーンを使わずにパンを使ってパスタを食べるという。このクロスには、シンプルな中に美しさがあった。

パスタはトマトソースのものだった。上品な味だった。そして、美しさがあった。

Purimo2_2
開業して5年ほど経つという。若いカップルに合うお店のような気がした。いつかワインで楽しみたい店でもある。

|

« 自転車で散策 | トップページ | 樋口一葉  6人の美女が好演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏から秋へ  美しさ  :

« 自転車で散策 | トップページ | 樋口一葉  6人の美女が好演 »