« 花とコーヒー   | トップページ | 8月19日 バイクの日 »

温泉を求めて ~川渡・鳴子へ~

 4時過ぎに目を覚ましたので、RTも起こした。快調なRTは、おなかも一杯になっていることを確認して、4号線を北上。

Rtstart2

457gousen
457号線にはいると霧が深くなってきた。加美広域農道に入るとさらに深くなった。

Kaminodo
軽トラックが動き始めていた。広域農道から左に折れて159号線に入ると、少しずつ視界が広がってきた。予定の道路に入り間違えて、226号線を岩出山方面に向かった。上多田川近くで歩いていた地元の方に道を尋ねると快く教えてくれた。志田農道の延長のようだが、なかなかいい道だった。

いつもの通り、267号線を川渡方面に向かった。川渡に出ると、川の流れが涼しい。

Kawatabi

左折して47号線へ。昨年秋に入った中鉢の駐車場に行くと、日帰り温泉は10時からだった。まだ、時刻は6時過ぎ、早すぎた。仕方なく鳴子方面へ向かった。

しかし、滝湯も早稲田の湯もまだあいていない。鳴子駅を眺めた。

Narukoeki

昔、祖母と湯治に行った農民の家を思い出し訪ねてみることにした。時刻は6時半過ぎ。受付に行くと「いいですよ」と。500円で温泉へ。

Nouminnoie
混浴もあったがさすがに男湯へ。

Nouminnoie2
廊下を歩くと硫黄の臭いが、幼少の頃を思い出させてくれた。風呂は空いていて、とても気持ちが良かった。たっぷりと湯船につかって、30分ほどであがった。従業員が出勤する時間帯のようで、「おはようございます」と気持ちのいい挨拶があった。朝の挨拶は本当にいい。水分を補給してスタート。帰りは、来るときに間違えた道を通った。まずは267号線を戻り、木漏れ日の中のワインディング。道は狭いが、最高に気持ちがいい。ここもオープンカーで走りたい道だ。

267gousen2

右折して鳴子小野田線へ予定通り入った。道幅は十分で、高速ワインディングが楽しめる。好きな道の一つだ。

267gousen3

見通しもよく、あがるにつれて広野となる。たまたま流していた高橋真梨子の曲が絶妙なマッチング。戻ってまた走りたくなる道である。

今回の道は、いつも空いているが特に春から秋にかけての朝がいい。

457号線から仙台に戻り、いつものスタンドでRTに食事をさせた。久しぶりにBMWのバイクをみようと思い、O2に行ってみた。GS700に乗ってみた。軽快でかつパワフルで乗りやすいバイクだった。最近、バイクは自分の手となり足となる気軽さがほしいような気がしている。そういう意味では、GSはいいと思う。GS1200が人気の理由がよく分かるような気がする。新しいGSは水冷になってパワーアップしたようだが、パワーはもてあますだろう。

まだまだ暑さは続くようだが、今度は涼しくなったら走ろう。

|

« 花とコーヒー   | トップページ | 8月19日 バイクの日 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/58016124

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉を求めて ~川渡・鳴子へ~:

« 花とコーヒー   | トップページ | 8月19日 バイクの日 »