« 古いおつきあい 何年になるだろうか? | トップページ | 日本のよさ »

ワインの店  ブーション

2日(金)の夕方、街に出た。5年ほど前に一緒に働いた仲間に会うために。少し早かったので、先週おじゃましたライズ・カフェに寄った。お店のYさんは、食事をしていた。以前は、9時の閉店後自宅に戻ってから夕食をとっていたらしいが、体重が増えたのでいつもの時間にとることにしたという。Yさんの隣では、出版社の所長さんが、ハイネケンを飲んでいた。

お店の前には、Yさんの愛車、BMW1200GSが止めてあった。パリ・ダカ風に仕上げてあって味のあるGSだった。

Img_1011s

今日の待ち合わせは、東口のブーション。15年ほど前にワインセラーを購入したところだ。

Img_1025s

エレクトロラクスのワインセラーは、二度ほど修理しているが、200本ほどのワインが眠っている。セラーには、野菜やケーキの材料なども入っている。妻が愛用してる。

大震災の時、セラーを修理してくれた東京のドメティックのMさんが電話をくれた。「大丈夫でしたか?」と。この一言が大変うれしかった。

お店のテーブルには、今日のメニューが置かれてあった。

Img_1015s

トウモロコシのスープから始まったマリアージュコースの料理は、ワインに合っていた。

Img_1018s

お店は、結構賑わっていた。中年以降の方が多かった。雰囲気もよかった。

Img_1017s
セラーを購入にしたときにお世話になったソムリエのHさんは、帰り際に挨拶してくれた。思い出してくれた様子だった。

料理を楽しんでいる途中、友人とお店のワインセラーにも入って見た。

Img_1023s

リーズナブルのワインが眠っていた。ワインを購入して、お店で飲むこともできる。

最後に、コースのワインでは足りなくなったので、ボトルを一本とった。チリのワインでなかなか渋めで、チーズに絶妙だった。

終わって外に出ると、夕方の雨は上がっていた。またここで会いましょうということで、二人の友人と別れた。

ライズ・カフェで会った出版社の所長さんは、仙台が気に入って、今回は奥さんと出向いたという。確かに仙台の街は綺麗になったし、美味いレストランも増えてきた。終の棲家にするにはいい街だと思う。私は、田んぼのある田舎に住もうかと思っているが・・・?

|

« 古いおつきあい 何年になるだろうか? | トップページ | 日本のよさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワインの店  ブーション:

« 古いおつきあい 何年になるだろうか? | トップページ | 日本のよさ »