« フランソワ・ジュランヴィル | トップページ | 水芭蕉の尾瀬 12年ぶり »

BMW K1600GT

昨夏は、K1600GTLに試乗した。ポジションは、おじさんスタイルで楽ちんだった。なんか、ちょいと偉くなったみたいなポジションだった。ハーレーに似ているかも。トルクがあり、快適だった。

 しかし、購買意欲は全くわかなかった。300万をかける元気はなかった。RT1150の下取りがあっても、200万以上の支出は、ちょっと・・・?

 今月初め、1600GTに試乗した。ポジションはGTLよりも前傾。以前所有していたFJ1200ににたポジションで好感が持てた。試乗すると、ミッションがぎくしゃくするものの、GTLよりも改善されいるように思えた。高速を含めて1時間ほど試乗した。GTは購買意欲がわいた。
Kgt

帰宅後に家内に言うと「RTが最後の一台でなかったの?」と一蹴された。数日後、見積もりが送られてきた。RTを下取りにだして、200万チョード。前オーナーが500キロほど乗ったものだが、新車同様で、ナビなどのオプションがついていた。

ボクサーエンジンのRTを捨てがたく、ゆっくりと考えることにした。今年は、去年よりも乗る時間がとれそうな気がするので、RTをかわいがりたいと思う。

家内とタンデムで、岐阜や福井、金沢、能登、新潟、佐渡、葛巻、那須、三陸、秋田などにも出掛けた。十年の歳月が経つ。RTともう少し歴史を刻むことにしようと思う。

GOLF4 GTIを点検に出しに行ったとき、GOLF6のGTIがあった。走行距離5千キロの赤。価格は275万。家内曰く「あれ、K1600GTの中古と同じね。それなら、GTIの方がいいわ」「じゃー買おうか」と言ったら、「今のGTIが好きなの」とまたもや一蹴されてしまった。(´,_ゝ`)プッ

|

« フランソワ・ジュランヴィル | トップページ | 水芭蕉の尾瀬 12年ぶり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やや!?電撃発表!?思いながら読み進み…

でも最後には
「とは言うもののハンコを押してしまった…」というオチを期待しながら読み進んでしまいました(^^)

欲しいものがあれこれあるのは健全なオヤジ道を突き進んでいる証拠かと思われます(^^ゞ

投稿: tonky | 2013年6月13日 (木) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMW K1600GT:

« フランソワ・ジュランヴィル | トップページ | 水芭蕉の尾瀬 12年ぶり »