« 2012年10月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

神戸に感謝

色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年

 18日、19日と神戸祭りに出掛ける途中の仙台空港。お世話になった神戸の方々に土産を買い終え本屋によると、村上春樹の「色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年」が目に入った。

ぱらぱらめくり、機内で読む本を忘れてきたので買うことにした。待合ロビーで本を手にすると、瞬く間に村上春樹の世界に呼び込まれた。想像以上に、平易な文章であった。人間の表情や動作、姿格好などが細かく描写されている。興味をもって観察しなければ表現できないだろうことを想像させるには十分であった。

 ところで昨年に続く神戸訪問。初日は、震災以来お世話になっている神戸市職労のKさんに神戸市内を案内していただいた。夜は、能登の穴水の方々と合流。10人ほどで懇親会。翌日は,神戸祭りでごみ拾いと警備の仕事を手伝ってきた。昼前から、あいにくの雨になり、靴もスラックスも濡れてしまった。

 「頑張ろう東北」と記された黄色いTシャツは、今なお神戸市が応援していることを示している。本当にありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島を満喫

福島飯坂ICから高湯を通って浄土平へ。R1150rt
スカイライン、レイクライン、ゴールドラインと走って喜多方へ。

久しぶりにロングのツーリング。ゼファーに乗る同僚との走りは、とても満足だった。

昨日、いつも行っているバイクショップでK1600GTを勧められた。六気筒のGTは、疲れ知らずのツアラーらしいが、私の2002年式のR1150RTもまだまだ健在である。

「はせ川」というところで喜多方ラーメンを食す。その後、大峠をとおって米沢へ。久しぶりの米沢の街路もずいぶんと新しくなっていた。

ぶどう松茸ラインに入り、七ヶ宿から長老湖をかすめて白石へ。

白石から東北道に入り、菅生PAで「お疲れ様」

菅生PAの充実ぶりに感動。ちょっとしたスーパーでもあり、レストランでもある。

長町ICを降りると目の前に、菅生PAであったフェラーリが。ハンドルを握るドライバーは、白のトレーナーにジーンズ。フェラーリにはあわないような気がするが・・・?

帰宅して、RTを車庫に入れる前に、フロントについた虫の死骸をきれいに拭き取った。同僚から刺激を受けたから。いつもは疲れて、次の週に回す掃除をするなんて。

次はいつ乗れるだろうか・・・?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さんさん商店街

 ゴールデンウイークの後半に、東日本大震災で被災した南三陸町を訪れた。これまで何度か足を運んでいるが、未だに復興の兆しは見えない。今回はバイクで行った。妻とタンデムで、息子と三人で行ってみた。

 お目当ては、さんさん商店街でのウニ丼を食べるためである。連休とあって、ものすごい人で、どこのお店も行列をなしていた。待つこと約一時間。ウニ丼は、北海道の積丹のものと比べて、ウニの量が少なかった。でも、新鮮であった。私が入ったお店では、10人の人が所狭しと働いていいた。

 時間がある方は、是非さんさん商店街に足を運んでみては・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年6月 »