« 2010年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年4月

深夜のコンビニが必要?

 夏の電力不足が報道されている。かなりの節電が必要だと思う。原発がどうの、東電がどうのと言っているが、それでいいのだろうかと思う。我々自身の生活を見直さずに、電力のことだけを議論していいのだろうか?

 たとえば、24時間営業のコンビニは本当に必要だろうか?午後11時以降のテレビ放映は本当に必要だろうか?暗闇は危険だからということで、必要のないところに街灯をつけていないだろうか? 街のネオンは、深夜まで必要だろうか? などと、国のレベルで一度議論して、国民全体で自らの生活を見直す必要があるように思えてならない昨今である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柴犬 17年目

 我が家の柴犬Kは、17年目を迎えている。まだまだ元気で、食欲旺盛である。朝夕の散歩は欠かさない。さすがに用を足すと家に戻ろうとするが、十分歩ける。階段では躓いたり、電信柱にぶつかったりするところをみると、目はだいぶ弱っているようだ。
 二年ほど前から、家の中にいるがすっかり慣れて、自分のエリアだけ歩き回っている。日中留守にすることが多い我が家に、夕方戻ると玄関で迎えてくれる。出掛けるときは、見送ってくれる。外をのそのそ歩く野良猫をみると、ときどき吠えるが、猫は全く反応しない。
 最近、食べない方が長生きするみたいな本を見掛ける。大学生の息子が、我が家の愛犬Kがそのことを証明してると言っていたが、そうかもしれない。愛犬Kには、キャベツやブロッコリーなどの野菜とドッグフード以外に与えていない。それが良いのかもしれない。
 私も妻も、最近は胃袋が小さくなっていて、朝はヨーグルトとクッキー二枚ほどで十分間に合っている。昼は、少なめに食べて、夜は食べ過ぎることもあるが、一日の愚痴をこぼしながらワインとともに普通に食べている。退職したら「ああしよう。こうしよう。」と語りながら食べる夕食は、冷蔵庫にあるもので十分である。大震災後、「あるもので十分」という感覚がふくらんできた。壊れた多くの食器を増やそうともしてない。「足を知る」かな。これまで、ものを持ちすぎていたのだろう。いいものを長くを・・・・・
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2012年8月 »