« アウディ A6アバント 3.2クワトロはいかがでしょうか | トップページ | 深夜のコンビニが必要? »

柴犬 17年目

 我が家の柴犬Kは、17年目を迎えている。まだまだ元気で、食欲旺盛である。朝夕の散歩は欠かさない。さすがに用を足すと家に戻ろうとするが、十分歩ける。階段では躓いたり、電信柱にぶつかったりするところをみると、目はだいぶ弱っているようだ。
 二年ほど前から、家の中にいるがすっかり慣れて、自分のエリアだけ歩き回っている。日中留守にすることが多い我が家に、夕方戻ると玄関で迎えてくれる。出掛けるときは、見送ってくれる。外をのそのそ歩く野良猫をみると、ときどき吠えるが、猫は全く反応しない。
 最近、食べない方が長生きするみたいな本を見掛ける。大学生の息子が、我が家の愛犬Kがそのことを証明してると言っていたが、そうかもしれない。愛犬Kには、キャベツやブロッコリーなどの野菜とドッグフード以外に与えていない。それが良いのかもしれない。
 私も妻も、最近は胃袋が小さくなっていて、朝はヨーグルトとクッキー二枚ほどで十分間に合っている。昼は、少なめに食べて、夜は食べ過ぎることもあるが、一日の愚痴をこぼしながらワインとともに普通に食べている。退職したら「ああしよう。こうしよう。」と語りながら食べる夕食は、冷蔵庫にあるもので十分である。大震災後、「あるもので十分」という感覚がふくらんできた。壊れた多くの食器を増やそうともしてない。「足を知る」かな。これまで、ものを持ちすぎていたのだろう。いいものを長くを・・・・・
 
 

|

« アウディ A6アバント 3.2クワトロはいかがでしょうか | トップページ | 深夜のコンビニが必要? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柴犬 17年目:

« アウディ A6アバント 3.2クワトロはいかがでしょうか | トップページ | 深夜のコンビニが必要? »