« どう生きるかを改めて考えさせられる「沈まぬ太陽」 | トップページ | アウディ A6アバント 3.2クワトロはいかがでしょうか »

山崎豊子の「運命の人」

 「白い巨塔」「不毛地帯」「沈まぬ太陽」「大地の子」・・・そして「運命の人」 山崎豊子の作品が好きで読み続けている。いつも、取材の凄さに感動する。そして、細かな描写で一つ一つの場面が脳裡に刻まれる。運命の人では、弓成亮太の生き方とその生き方を見つめる妻の姿が印象に残る。

 この運命の人も、きっと映画化されるだろう。

|

« どう生きるかを改めて考えさせられる「沈まぬ太陽」 | トップページ | アウディ A6アバント 3.2クワトロはいかがでしょうか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山崎豊子の「運命の人」:

« どう生きるかを改めて考えさせられる「沈まぬ太陽」 | トップページ | アウディ A6アバント 3.2クワトロはいかがでしょうか »