仙秋ラインから栗駒へ 暑い

ここ数日暑い。5月とは思えない暑さ。ちょっと、457号線から小野田に入る。

Img_9613

やまなみがいい。舟形山。

Img_9617

そして、栗駒山。出てきてよかった。

Img_9621

小野田橋河川敷で。ここはよく止まる。

Img_9625

RSは、快調。自然の風景によく溶け込む。

Img_9626

鳴子から108号線。ダムの水が涼しさを誘ってくれる。

Dsc07497

こんなに空気が澄んでいるのは久しぶり。

Dsc07501

108号線を北上。ここは、鬼首周辺。

Dsc07504

ドコドコとボクサーツインの奏でる音を聞きながら田舎道を走るのは気持ちがいい。

Dsc07512

秋田の道の駅「おがち」で休み、県道51号線へ。八戸からGSで、キャンプを楽しんでいる方とバイク談義。GSもいい・・・。

初めて走る51号線は、楽しいワインディングが続く。気に入った。そして、小安峡に抜ける。

Img_9635

Img_9638

Img_9640

Img_9642

Dsc07515

花山に抜ける398号線を楽しみ、花舞の里へ。

Dsc07514

ここの蕎麦もグー。約280kmほどのツーリング。夕方は、GTLをモトライブO2へ。車検である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファーム キッチン 「もろや」

雨になった母の日、地下鉄東西線の荒井駅近くにある「もろや」へ

Dsc07490

新鮮な野菜を使ったランチ。小生は初めてだが・・・。

Dsc07475

パートナーが頼んだランチ。

Dsc07476

小生のランチ。シンプルで美味い。自然のものを自然のままに調理。

Dsc07477

予約席でいっぱい。その後続々と・・・。

Dsc07482


Dsc07484

Dsc07487

休日の荒井駅。閑散としている。寂しい・・・?

Dsc07474

きっと、リピーターが増えていくだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の息吹を感じながら

連休最終日、目的地を決めずにスタート。

春の息吹を感じながらコスモスラインを南下。

Img_9602

混雑する道路を避けて快走。

Img_9603

南蔵王の長老湖の西側に。

Img_9604

ここに大きな吊り橋がある。かすかに揺れる。

Img_9605

新芽がまぶしい。

Img_9606

Img_9608

県道51号線から国道113号線へ、高畠から葡萄松茸ラインを走り、国道13号線を福島へ。そして、349号線で丸森方面へ。

Img_9609

阿武隈川が輝く。

Img_9610

タケノコをゲットし、亘理から仙台へ。ちょっと風が強かったが、なかなかいいルート。240kmほどのツーリング。

来週は、GTLの車検。2年で約1万3000kmほど走った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の農作業

4月末からゴールデンウィークは、毎年代掻きと田植えの時期。最近の温暖化に伴い、田植えも、一頃よりも数日早まっているような気がする。

Img_9540

4月30日は代掻き。我が家の愚息もトラクターに触るようになった。

Img_9534

代掻きをすると、餌を求めてサギがやってくる。

Img_9538

田んぼの畦には、タンポポがいっぱい。

Img_9551

タラの芽も大きく伸びている。

Img_9545

5月1日の栗駒山。まだまだ雪が・・・。

Dsc07434

5月3日、翌日からの田植えの準備。苗も順調。

Img_9553

3日の朝、空気が澄んでいて、栗駒山が美しい。

Img_9554

水面に映り、その対称の姿がいい。

Img_9558

Img_9560

Img_9561

春に咲く花も満開。

Img_9572

そして、夕方。幻想的な栗駒山が映し出される。

Img_9566


Dsc07436

翌4日、栗駒山を眺めながら田植え。

Dsc07435

でも、眺めてばかりいると、まっすぐに植えることはできない。

約3ヘクタールの田んぼに、ひと目ぼれともえみのりを植えた。85歳のなる父は、まだまだ現役。小生も手伝うが、いずれゆっくりとやることに・・・。愚息も・・・?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

上杉神社の桜

高畠から13号線を南下し、米沢へ。途中、大型トラックが側溝に落ちて、道を塞いでいた。

Img_9488

上杉神社の桜の前に、山形大学工学部の前身である米沢工業専門学校の建物を・・・、国の重要文化財。明治のころの建物。

Img_9494

そして、上杉神社へ。桜が満開。撮影スポットがある。

Img_9502

ここが最高のポジション。

Img_9505

ちょっとポジションを変えて。

Img_9508

歩いてみる。神社の中に入る。たくさんの人で賑わっている。

Img_9517

ちょっと高い位置から、RSを眺める。

Img_9525

Img_9526

出店も多い。

Img_9523

上杉謙信の像もある。桜をバックになかなか格好がいい。

Img_9519

Img_9522

向こうは、天元台か・・・?

Img_9493

女子高生が、「このバイク、格好いい」と褒めてくれた。バイクが分かるのか・・・?笑

気温は24度ぐらいまで上がっていた。汗ばむ陽気。水分を補給して、高畠から七ヶ宿を経由して、仙台へ。途中・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコーライン

開通したばかりの蔵王エコーラインに。休日は渋滞が予想される。山形県側から走った方が比較的すいているようだ。

今回は、遠刈田から。

Img_9459

RSの向こうに雪の壁。この日は、比較的暖かくて、山形県側に行くほど、気温が上がった。

Img_9465

Img_9471

モノトーン世界が広がる。

Img_9472

山頂に近づく。

Img_9476_2

駐車場に止めると、山脈が美しい。

Img_9481

朝日岳の方がきれいに見える。

Img_9487

山の凹凸がこんなにはっきりと見えるのは珍しい。

Dsc07408

坊平方面に降りていく。

Dsc07416

上山から国道13号線を南下。高畠の「山喜」へ

Dsc07411


Dsc07415

笑顔の素敵なご夫婦が迎えてくれる。ホッとする。

Dsc07414

大好きな山塩ラーメンを食す。美味い。昼時で混んでいたが、比較的早かった。

そして、RSに跨がり、米沢へ。RSは快調。修理したパニアケースも良好。剛性も高まった。路面の凹凸をダイレクトに感じるRSは、なんとも言えないバイク。本当の「バイク」という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜と蔵王連峰

朝の空気が冷たい。R100RSを起こそうと思った。案外簡単に目覚めてくれた。

Img_9444

286号線を西へ。釜房ダムへ寄った。なんと桜は満開。

Img_9443

ダム湖の向こうに蔵王連峰がはっきりと見える。

Img_9449

桜の間から見える山脈が美しい。

Img_9448

ちょっと下をのぞくと、なんとロケ中。

Dsc07392

数多くのスタッフがいた。邪魔をしないように。

Dsc07387

いいところに来た。

Img_9453

釜房ダムは、何度となく訪れているが、桜と蔵王連峰が見えたのは初めて。

宮城にもまだまだ、いいところがある。エコーラインへ向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

故郷には、いいところがある

最近、生まれ故郷に毎週のように帰る。今回は三陸自動車道をから登米に入り、若柳へ

Img_9440

迫川沿いに咲く桜は散りかけていたが・・・

Img_9438

栗駒山とのコラボがいい。

Img_9433

ここは、お盆の時期には花火大会がある。冬には白鳥が飛来する。

Img_9434

Img_9432

幼少のころから見てきた栗駒山だが、今までにない美を感じることがある。
春夏秋冬の移り変わりに一喜一憂し、花鳥風月に目が行く。

それだけ、年輪を重ねたということか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贅沢な時間 HOSHIYAMA

休日の夕方、残ってしまった仕事を片付け、ひさしぶりに駅前のアエルへ。丸善で、5冊ほど本を購入。
そして、二階にある「HOSHIYAMA」へ
礼儀正しい女性の方が、席に案内してくれた。
結構、客が多かったので、自分の空間をもてるとはおもわなかった。


モカをお願いした。早速、本を取り出す。


河合隼雄の本に没頭。


うまーい。ちょっと声を出してしまった。さすが、HOSHIYAMA
珈琲を運んでくれた女性が、お客様のお洋服の色に合わせて、カップを選ばせていただきました、とのこと。嬉しい限り。


約、1時間の滞在。いい時間がもてた。カフェブームのようだが、HOSHIYAMA のような空間を大切にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東和町のippoへ

RSのパニアを直し,ちょいと一走り・・・。しかし、愚息が乗りたいとのこと。

Dsc07324

2台で、利府から三陸道へ。

Dsc07325

春日PAで休憩。後方に、GTLが止まった。年配のライダーとバイク談義。

Dsc07326

三陸道を北上し、東和町へ。三滝堂に道の駅ができていた。今月オープンとのこと。

Dsc07327

安くてボリューム満点のハンバーグを・・・。200円は安い。

Dsc07328

そして、何度か訪れているcafe ippo へ。春の感じ。

Dsc07331

木々が芽吹いていて、春の香りがする。いい佇まい。

Dsc07332

ippoさんと珈琲談義。イエメンの豆は,難しいとのこと。ハンドピックをしすぎるとよさが出ないとのこと。「なるほど」・・・。珈琲は奥が深い。

Dsc07333

そのイエメンをいただいた。いい香り、そして、ほどよい苦みと酸味。

Dsc07337

ippoさんは,本当に気さくなかたで、いろいろと教えてくれる。ありがたい。しかも、気を遣わなくていい。こう言っては失礼だが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«パニア復活 R100RS