東和町のippoへ

RSのパニアを直し,ちょいと一走り・・・。しかし、愚息が乗りたいとのこと。

Dsc07324

2台で、利府から三陸道へ。

Dsc07325

春日PAで休憩。後方に、GTLが止まった。年配のライダーとバイク談義。

Dsc07326

三陸道を北上し、東和町へ。三滝堂に道の駅ができていた。今月オープンとのこと。

Dsc07327

安くてボリューム満点のハンバーグを・・・。200円は安い。

Dsc07328

そして、何度か訪れているcafe ippo へ。春の感じ。

Dsc07331

木々が芽吹いていて、春の香りがする。いい佇まい。

Dsc07332

ippoさんと珈琲談義。イエメンの豆は,難しいとのこと。ハンドピックをしすぎるとよさが出ないとのこと。「なるほど」・・・。珈琲は奥が深い。

Dsc07333

そのイエメンをいただいた。いい香り、そして、ほどよい苦みと酸味。

Dsc07337

ippoさんは,本当に気さくなかたで、いろいろと教えてくれる。ありがたい。しかも、気を遣わなくていい。こう言っては失礼だが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パニア復活 R100RS

三月初めに、コバルトラインへ行ったとき、脇から車に衝突されて破損したパニア。1か月近くかかったが届いた。今回は、ユーロネットダイレクトで取り寄せた。

Img_1772

左から突然衝突されたが,なんとかかわして転倒せずにすんだ。怪我もなく。

Img_20831856

その際に気づかなかったが、パニアケースのホルダーも破損して,ご覧の通り。どうしようかと悩んだ末に,いつもお世話になっている,モトライブO2の社長さんから溶接してくれるところを教えていただいた。仙台の富沢駅の近くにあるMFファクトリー。

Dsc07312

きれいに溶接してもらった。これでよしよし。そして、作業開始。

Dsc07313

サスの上部を外す。整備のしやすいR100RS。

Dsc07314

タンデム用のステップを緩める。

Dsc07315

左右のホルダーを支える部分も折れていたので、こんな具合にネジを使って本体に支えられるようにした。

Dsc07316

真後ろから見るとこんな感じ。

Dsc07320

しっかりと固定すると、かなり剛性が高まった。

Dsc07319

Dsc07322

これでOK。しかし、間違いに気づいた。それは,パニアケースにつける反射板とBMWのエンブレムの位置だ。反対だった。「まあいいか」と・・・。

Dsc07317

作業終了後は、パートナーのケーキと珈琲で一休み。そして、金成へ行くと、

Dsc07310

桜も満開に近いが、あちこちに春があった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イエメン マタリ クラッシック モカ

過日のトークショーで、イエメンの豆がこれから注目を浴びるだろう・・・?というようなお話があったので、早速、「イエメン マタリ クラッシック モカ」を購入してみた。

Dsc07242

ピッキングしがいがある豆だった。

Dsc07246

不揃いの豆たち・・・笑

Dsc07248

ブラジルと比べても,その具合がわかる。色もこんなに異なる。

Dsc07283

左はブラジル、右はイエメン。いつもよりも浅く焙煎してみた。

Dsc07284

二つをブレンドして,珈琲を淹れてみた。モカの酸味も和らぎ、とってもいい味がした。香りもいい。これはなかなかのブレンド。

Dsc07282

焙煎後、散歩に出た。遠見塚古墳の桜。これは4月5日の桜。

Dsc07289

そして、4月7日。つぼみがいまにもはじけそう。

Dsc07295

4月8日(土)、ついに開花。

Dsc07301

そして、今日9日の朝。

Dsc07300

雨の中をちょっと歩いてみた。明日は,小学校の始業式かな・・・?入学式もあるかな・・・?

桜が,子供たちを迎えてくれそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

種まき 「ひとめぼれ」

4月の3日、4日と種まき。朝の栗駒山は,ちょっとかすんでいるが,実に美しい。

Dsc07258

この風景は,何度見てもいい。単純にいいのだ。

Dsc07262

種をまいた箱のすべてをハウスに入れることができないので、田んぼの一部に苗代を作る。シルバーさんに手伝ってもらう。

Dsc07278

ハウスの中は暑い。ちょっと動くと汗だくになる。ちょうど気温が上がった。

Dsc07277

ひとめぼれは,昨年秋に収穫した種籾を使う。

Dsc07264

Dsc07268

作業の合間に土手に登る。白い梅の花が咲いている。この木は,毎年、いい花を見せてくれる。

Dsc07266

足下を見ると、春を感じる。こうやって、毎年春夏秋冬が続く。穏やかな時間を流れる。

Dsc07267

土手から眺める栗駒山は、また、一段と大きく見えるときがある。

約850枚ほどの箱に種をまいて,ハウスに入れる。苗代に入れる分を含めて、1日半の作業である。

種をまいた箱には水もかけるので、結構重くなって、腰にきく。

でも、作業が終わった後に,満足感と充実感と・・・適度な心地よさがある。85歳になる父はまだ現役だが、大分足腰が弱ってきた。

小生が,少しずつやりたいと思っているが・・・まだまだ、経験不足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿武隈川沿いの国道349号線

ちょっと天気がいい平日。休みが取れたのでのんびりと本を読んでいた。愚息が349号線を走ってみたいと以前から言っていた。

Dsc07229

仙台から県道10号線を南下し、国道6号を横切って丸森方面へ。新しい丸森大橋ができていた。

Dsc07230

阿武隈川の水量は多い。雪解けの季節でもある。

Dsc07231

日差しはあっても、まだまだ寒い。長く走っていると手がかじかんでくる。

後方の民家は、歴史を感じさせてくれる。いいたたずまい。

Dsc07232

阿武隈ラインの乗船場が見える。

Dsc07233

349号線を西へ。伊達市方面へ向かう。

Dsc07235

以前と比べると道も広くなっている。一部狭いところもあるが、ずいぶんと走りやすくなった。

Dsc07236

ゆっくりと流れる阿武隈川を見てると、時の流れもこうであってほしいと思った。

Dsc07240

地元の人がやっているのだろう。こんな道の駅のようなものがあった。

Dsc07241

ほうれんそう50円、からしな100円・・・。安い。黒豆もゲットして、バイクのパニアに入れる。からしなをごちそうになった。白いご飯がほしくなった。

Dsc07238

山の頂には、前日の雪が残っている。前日は全国的に寒い日だった。

Dsc07239

10年ぶりに走った349号線。新緑の季節、紅葉の季節はいいだろう。また、5月頃にでも走ってみたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクシーズン到来とまでは・・・

日曜日の午後、ちょっと西へ向かった。仙台から20kmほどの菅生方面へ。

Dsc07208_2

思いついたのが石窯パン「麦家」。空腹だった。

Dsc07209_2

中に入ると香ばしい香り。カンパーニュなどを求めた。裏にあるカフェで腹を満たすことにした。

Dsc07210_2

全粒粉を使った表面が固いパンが並ぶ。グラム単位で売る。ちょっと高め・・・?

Dsc07212_2

古い民家を利用したカフェ。外靴のままはいるのがもったいない。

Dsc07216_2

柱時計が時を刻む。懐かしい雰囲気が漂う。1時半を過ぎていたのでランチは終了。

Dsc07219

パンセットと珈琲をお願いした。オリーブオイルで楽しむことにした。

Dsc07222

表面は固くて香ばしい。中はふんわりで、オイルが似合う。

Dsc07221_2

珈琲も美味しい。450円。ゆっくりとパンと珈琲を楽しみ、お店の方と談笑。

Dsc07224

人手不足で、カフェは毎日はできないという。

Dsc07225

開業して3年だという。

Dsc07227

雲行きが怪しくなってきたので、このまま仙台に引き返すことにした。

Dsc07228

左のパニアはまだ届かないが、RSは快調である。アイドリングも非常に安定している。ボクサーが、柱時計の振り子のように、規則的に時を刻む。

いい塩梅。今度はいつ乗れるか・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

珈琲の世界が変わる・・・?

仙台の某カフェのFBで紹介されていた「バンブー・コーヒー・サーバー」を求めてみた。

Dsc07174_2

二重のステンレスフィルターで、紙を使わないのでエコ。使い終わったら簡単に洗える。

Dsc07172

なかなかおしゃれで、取っ手は持ちやすく、竹でできている。

Dsc07205

味の違いを見るために、淹れてみた。右は東京の珈琲バッハなどで使っているドリッパー。

どちらもいい香りと味でうまい。バンブーの方が、すっきりとしているような気がする。

期待以上である。しかも、テーブルなどに置いても絵になる。

Dsc07180

午後は、珈琲ハンターと呼ばれる川島さんのトークショーに行ってみた。

Dsc07188

珈琲の生産国が抱える問題は、日本の農業と共通だった。農薬・肥料の問題。後継者離れなど・・・。

Dsc07193

ゲイシャに翻弄される珈琲業界も面白かった。

日本人は、ちょっとしたブームに弱く、本質を理解せずに飛びつく傾向があるので、こういう状況が生まれるのだろう。かつてのワインブームのように。

Dsc07197

どの世界でも同じだが、自分がおいしいと思った珈琲。いいと思ったものを大切にすべきだろう。自分の思いや感覚を大切にすることが大事かな・・・?

一つのものをじっくりと極めることも大切なような気がする。

Dsc07207

しばらくは焙煎に集中しようと思う。いろいろな道具があるが、珈琲の味は、やっぱりと豆と焙煎で決まるように思うから。

日曜日の朝は、焙煎でスタート。左上はエチオピア、右上がマンデリン、手前はコロンビア。エチオピアは割合小粒で、一ハゼは元気よく、パチパチくる。マンデリンは割合大粒で、ちょっと深入りがいいようだ。コロンビアは、中入りから中深入りぐらいで、香ばしくなる。

焙煎後、掃除をして、タイヤ交換をして、ちょいとバイクで散歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の稲作はどうなるのか?

米の消費量は激減・・・。糖質が嫌われる昨今。縄文時代から始まったと言われる稲作は、今後どうなるだろうか・・・?

小さい頃から稲作を見ながら育った小生は、なぜか田んぼに行くとほっとする。母がよく言っていた。まだ歩かないとき、田んぼのあぜ道に寝かせて農作業をしていたと。

彼岸の中日の20日(月)、田おこしに向かった。

Dsc07141

築館ICをおりて、北へ向かうと栗駒山が実に美しく見える。

Dsc07142

実家に寄る前に我が家の田んぼに直行。親父がトラクターに乗っている。

Dsc07144

数年前に動脈瘤の手術をした85歳の親父は、まだまだ現役。でもちょっと体力が落ちてきている。そのためか、数年前から、トラクターやコンバイン、田植機の運転を、小生に任せることが多くなってきた。

小生は、小学生の頃から農機具を操作してたので、どんな機械も動かせる。

Dsc07143

いつ見ても美しい栗駒山。この山を見るとなんとも・・・・。50年以上前の光景が蘇ってくる。

Dsc07149

着替えてトラクターを運転。いまのトラクターは屋根が付いて、ガラスに覆われているから風のある日も助かる。日差しが強いと暑いぐらい。空調もある。しかも、以前と比べると操作は容易で、細かなコントロールもしやすい。

でも、田んぼに応じた微調整は、長年のキャリアがものをいう。親父にはかなわない。生きているいるうちに、親父の知恵や技を学ばなければ・・・。

Dsc07151

耕した後を見ると、仕事の様子がわかる。どこにも美があるものだ。美の中に「質」があるともいえそうだ。

Dsc07147

一息入れる。平成19年に廃線となった栗原電鉄(くり電)のレールはまだ残っている。電車を残してほしかった。これで、岩ヶ崎や若柳によく行った。高校生の足でもあった。

再生したいものだ。

Dsc07156

仙台から昨年末に移植した木々は、しっかりと芽吹いていた。パートナーが大喜び。

稲作の将来は、決して明るいものではないが、秋には約300俵近くの収穫があるので、いずれは、ゆっくりと泥にまみれて生活しようかなと・・・・。

数日前の「北の国から」の放映で、田中邦衛が「残すものは何もないが、伝えるものは伝えた。慎ましく謙虚に生きることが大切だ」というようなことをラストシーンで言っていた。

決して収入は多くはない稲作だが、のんびりとやっていくのもいいと思う。やっぱり農家の長男なんだなーーー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プラモデルはなかなかいい

孫がやってきて、おもちゃの電車に興味を持っていた。仕事帰りにプラモデルの電車を買ってみた。

Dsc07061

何十年ぶりだろう・・・?プラモデル。専用の接着剤も買って取りかかる。しかし、一晩でもできそうにない。

010ce20aed278bb77ce3bbf31bd6c6d6db2

翌日、パートナーと娘は、ヨドバシに行ってプラレールを買ってきたという。トーマスだ。

我が家の愚息も小さい頃、プラレールにものすごく興味を持って遊んでいた。その名残があった。

Dsc07062

孫が東京に戻ってから完成。1000円のプラモデルは、頼りないがしっかりと動く。なかなか面白い。

Dsc07063

レールを敷ける広いところがあれば、毎晩動かしてみたいと思った。しかし、そうもいかない。

Dsc07068

プラモデルを動かして、いつもの焙煎。マンデリン、ブラジル、グアテマラ。3つも続けてやると、ハンドローストなので汗だく。

いい香りが家中に漂う。

Dsc07067

休日のランチは、パートナーのパスタ。この後のコーヒーがいい。

この頃は、外で飲んだり食べたりする機会がめっきり減った。特に、アルコールは激減。だから、夜が長い。読書量は激増。

睡眠の質もよくなった。飲まずに寝ると、翌日の朝は、実に気持ちがいい。

中野孝次編の「清貧の生きかた」を読むと、最後にこうある。1993年のこと。

 電力が足りなくなるから発電所を造るという発想を改めて、今ある電力で成り立つように社会のしくみをこそ変えるべきだと思う。(略)

 肥大化する一方の社会的欲望の波に呑み込まれて、私の主張は無視されて終わった。そしていまは、50基からなる原発がこの狭い列島で稼働する恐ろしい時代を迎えている。

・・・・。24年も前に記されていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再び コバルトラインへ

2月26日(日)に、R100RSでコバルトラインを目指したとき、ちょっとしたハプニングがあった。

今回は、K1600GTLで同じコースをたどることにした。

Img_9317

3月12日(日)は、ちょっと寒い日だった。鮎川港を上から見た。

Img_9319

石巻行きのバスがある。復興はまだまだ。

Img_9316

仙台からここまでノンストップ。GTLをよく見ると、細かなほこりが・・・。年末からカバーをかけっぱなし。

Img_9323_2

いつもの御番所公園。前回よりも気温が低いせいかバイクも車も少ない。

Img_9325

吊り橋を渡って、小高い丘に。

Img_9327


Img_9328

金華山が少しかすんで見える。今でも猿が数多くいるのだろうか。しばらく金華山に行っていない。

Img_9329

左は網地島、右は田代島。船の奇跡が美しい。

Img_9331

最近人気のsuzuki SVが止まった。笑顔でライダーが降りてきた。おろしたてのSVが楽しい様子。

Img_9332_2

GTLは絵になるが、止まったときには体力がいる。最近、あたらしいGTにバックギアがついたとの情報。

Dsc07069

コバルトラインのワインディングを楽しみ、女川へ。昨年3月末に再開した「金華楼」へ。並んでいた。

Dsc07071

その間、商店街を散策。ここにも多くの人がいた。

Dsc07070

新しいお店もあった。昼食時だったので、満員。

Dsc07077_2

戻ったらちょうど入ることができた。

Dsc07073

おすすめの「欲張り海藻ラーメン」。生わかめ、生めかぶなどが入っていてうまい。醤油味がとっても美味。

前日に、大震災から6年を迎えた。女川の人々にも様々な思いがあるのだろう。このように再開できたお店はいいが、まだまだのところも数多くあるのだろう。

再開を断念せざるを得ない方もいるだろう。NHKで、仮設住宅の問題や防災法の問題についての報道があったが、時代流れにあった法律改正は必要なんだろう。

首都直下地震が起きたら、本当にどうなるのだろう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«心の豊かさを感じる「偕楽園」