始まった「ブルーベリー栽培」

4月20日の午後、我が家の古ーい軽トラで,一関は厳美に向かう。

いい天気。金成沢辺から普通に走っても、40分ほどで行く。栗駒山の麓の県道49号線を北上。

Dscn2681

槻山さん畑に軽トラを乗り入れて,あらかじめ掘り起こしていただいた苗を積む。

奥さんも手伝ってくれた。

Dscn2682

まもなく花が咲きそうな苗。そして、3年ほど経ったポットに入った苗を60本あまり。

Dscn2685

10日ほど前に掘っていた畑に苗を植える。

Dscn2687_2


Dscn2688

田んぼ仕事の合間をぬっての作業なので、今日22日の夕方までかかった。

Dscn2690


Dscn2692

早朝に、岩ヶ崎の佐藤製材所からおが屑を分けてもらった。保湿性にいいという。

でも、広葉樹は向かないので、杉のおが屑。パートナーも一生懸命手伝ってくれた。

Dscn2698

こうやって見るとなかなかの本数。春の花、夏の実、秋の紅葉と楽しみが増えた。

Dscn2694

近所の方が畑に立ち寄ってくれる。「何を植えてんのしゃ」と言って近づいてくる。

収穫したら「分けてください」と・・・・。どうなるか・・・・?

Dscn2705

支柱を立てて、肥料などをやって、夕方までかかった。途中、田打ち。

今日の気温は27度以上で、汗びっしょり。パートナーと愚息は、一足先に仙台へ。

小生は,明日の朝に帰ることにした。

火曜日から金曜日の午前中まで仙台で仕事。週末は、栗原金成で農業。土に触っていると、このまま農業だけでもいいかなと思う。

トラクターでの田打ち、ハウスの苗への水やり、ブルーベリー栽培とこの週末は、さすがに忙しく身体が疲れた。気持ちのいい疲れだ。

|

ブルーベリー栽培の準備・・・。


以前から興味があったブルーベリーを植えてみることにした。

Dsc09240_2

14日土曜日は,朝からスタート。60余りの穴を掘り、ピートモスと堆肥を入れた。

Dsc09237_2

80を過ぎた実父母も手伝ってくれた。さすがに疲れた。夕方には用事があった仙台に帰らなければならない。仙台に戻る途中、もの凄く眠かった。

Dsc09242_2

15日に再び栗原に戻り、今日16日に厳美の本寺地区へ。久しぶりにR100RSを動かしてみた。

Dsc09244_2

昨年秋に,苗をお願いしていた槻山農園へ。

Dsc09247_2


Dsc09248_2


Dsc09249_2


Dsc09250_2

突然の訪問にもかかわらず、苗を丁寧に説明してくれた。楽しみである。

Dsc09251_2

農園に出て、いろいろな話を聞いた。改めて栽培の話を。槻山さんのお話に興味を持てた。

Dsc09259_2

昭和55年から始めて,既に37年が経つという。最初は,長野に行って勉強したとのこと。

Dsc09258_2

花芽一つに15粒ほどの実がなるという。

Dsc09263_2

米が冷害によって不作だったことが,ベルーベリーへの転換のきっかけだという。

厳美の本寺地区では10軒ほどの農家で、年間約3トンの収穫があるという。そのうち槻山さんは1トン収穫するという。

小中学生も体験学習に来ているという。

Dsc09268_2

お茶をいただき,いろいろな話を聞いた。その後、厳美渓へ。

Dsc09269_2

桜が見頃を迎えているようだ。

Dsc09271


Dsc09275

かっこ団子で有名な厳美渓。昨年春に両親を連れてきた。

さて、今週末は苗を受け取り、いよいよブルーベリーを植える。楽しみである。

|

みどり  

この季節にふさわしい名前「みどり」というなのカフェ。

Dsc09227

仙台は黒松にある。住宅街にひっそりと・・・。

Dsc09228

ちょうど12時過ぎだったので一杯。でも、開店と同時に入った人がいますので、もう少しであくかもしれませんとのこと。

Dsc09211

入ってみた。すると、大きなガラス越し桜の木が・・・。

Dsc09212

食事は定食と軽食。月曜日は軽食の日。

Dsc09224

ホウレンソウのカレー。

Dsc09209

地下鉄沿線沿いにあるこのカフェ。眺めが最高。

Dsc09226

珈琲と紅茶。もうひと味ほしい・・・。でも、こぢんまりとしたカフェは、清潔感たっぷりで気持ちがいい。オーナーの人柄が感じられる。

|

種まきの後は・・・

5日(木)の早朝から、種まき。ひとめぼれともえみのりを蒔いた。苗箱にして、約700枚ほど。

Dsc09182_3

実父はまもなく85歳。現役で動いてはいるが、大分足腰が弱ってきた。シルバー人材をお願いしての種まき。

二人のシルバーさんはよく動いてくれた。

Dsc09183

種まき機の調整は、なかなか微妙で、田植を左右する。

Dsc09184

種まきの間に、パートナーと実母がヨモギを摘んだ。早速、草餅をつく。

五穀豊穣を願って。

Dsc09187

さらに、旬のタケノコで、タケノコごはん。

Dsc09190

餅つきは、実母の得意とするところ。昔から上手かったし、美味かった。

700枚の苗箱は、二つのハウスに入れた。1週間ほどで芽が出てくるだろう・・・。

|

オデッセイ タイヤ交換

仙台は、今週に入ってから20度を超える日が・・・。温暖化の影響だろうが、春を越して夏になりそう。

我が家の2009年式のオデッセイの夏タイヤは、大分痛んできた。ちょっと購入を検討。

Img_3724_3

今回は、ネット購入してみた。約半分の値段。タイヤの値段はあってないようなもの・・・?

Img_3741_2

何を信じていいかわからない世の中だが、こんなデータだけはちょっと頼りにしようかと思う。

Dsc09093

いつものスタンドで交換してもらった。タイヤ交換の工賃を加えてもかなり安い。これで、ちょっとした出費を抑えたい。

Dsc09094

このオデッセイは、背が低い。今のオデッセイとは異なる。いい走りをする。

現在の走行距離は97,000余り。目標は20万キロかな・・・?これまでのケースは、タイヤを新しくしたとなんに,車が不調になるケースが多かった。

そうならないことを願うばかり。

Dsc09092

オデッセイ・アブソルートは、足回りがちょっとかたいので、路面の状況が割合ダイレクトに伝わるが、このタイヤはちょっと乗る人に考えさせる余裕を与えてくれる。

やや、アナログ的な感覚。最近、物事をかなりスパッと伝える人が多くなったストレス社会では、このアナログ的な感覚が大切かも・・?

|

栗原に音楽がある

25日(日)の午後は、若柳伊豆沼の湖畔にある「Cafe koropokkur」へ

Dsc09146_2

震災の影響で仮説で営業するジャズ喫茶「ジョニー」の復興応援企画のライブ。

「ジョニー」は、陸前高田にある名門ジャズ喫茶。

Dsc09115_2

開演の14時30分前にはたくさんの人が,結構遠くから集まっていた。

Dsc09116_2

ここからは、伊豆沼が一望できる。白鳥やマガンも旅立った。

Dsc09117

Dsc09119

開演前の様子。

Dsc09133

名雪さんのサックスから始まった。素敵なサウンドが響く。

Dsc09126

このライブの意味がみんなに伝わる。拍手で盛り上がる。

Dsc09137

林さんのサックスもいい。

Dsc09130

そして、サードセットは、コラボ。

Dsc09138

ピアノもいい。

Dsc09141

いろいろ企画をしたというヴォーカルのMIKA。栗原市出身。

聴きながら思った。この栗原市にも,新しい音楽の文化が生まれそうだと・・・。

Dsc09129

外には,なんとNSX。懐かしい車。

Dsc09139

そして、小生のパートナーはどんな憩いの場を目指すのか・・・?

Dsc09108

前日の24日は、若柳の大袋にある Salon de the KURIHARA で、プランタンコンサート。

Dsc09110

ここにもたくさんの方が集まっていた。

Dsc09111_2

仙台フィルで演奏するダビット・ヤジンスキーのクラリネット。なんともいえない音・・・。

農作業の合間を縫って二日間、音楽を楽しんだ。栗原市もいいところになりそう・・・?

|

一期一会

出会いと別れの季節を迎えた。昨夜は、久しぶりのブウション。店主のHさんも元気だった。しっかりと覚えていてくれて嬉しかった。


この頃、めっきり酒量が減って、本当に久しぶりのワイン。

ブウションは、いいワインがある。料理にあってて美味い。

仙台駅の東口にある。


ちょっと分かりづらいかもしれないが、帰る頃には、沢山のワイン好きが🍷いた。


料理は、ワインに合うものがー。


店内にピアノの音が響く。とってもいい。生演奏がいい。
夜の街に行くこともめっきり減ったが、時には異次元の空間もー。

| | コメント (0)

ランチプレート

春の日差しが眩しくなってきた。


仙台は長町にある、とあるカフェに立ち寄った。


そんなに広くはないが、落ち着いた空間。


カウンターは、三人かけられる。昼過ぎには、満員。


ランチは二種類。それぞれにパートナーと頼んでみた。




ランチプレート。古代米に甘酒に、サラダに味噌汁など。とってもヘルシー。


一目惚れと古代米のブレンドを焙煎した、ノンカフェインのコーヒー。
麦茶に近い味と香りがした。

開店から、一年ちょっとだという。

| | コメント (0)

道の駅の充実 高級志向・・・?

最近、道の駅の充実ぶりには驚く。

Dsc09091_2

福島の道の駅

Dsc09085

駐車場も広く、高速のSAのようだ。

Dsc09086

国見町の役場もそうだが、木がふんだんに使われている。

Dsc09087

食べ放題のレストラン。

Dsc09088

その奥には、Cafeがある。国道4号線沿いにあって、昨年秋のオープンには、入ることができなかった。

Dsc09089

福島市への出張途中。昼前だったので、少し空いていた。

Dsc09090

なんとなく,オムレツが食べたくなって・・・。珈琲がついて780円。

この道の駅は、広くていいが入りづらいところがある。でるのもでにくい・・・。もう少し,庶民的でもいいような気がする。

そういえば,宮城県の道の駅は,東北でも極端に少ない。どうしてだろう・・・?

|

静かに燃える アラジン(Aladdin)

我が家で薪ストーブを使い始めたのが1996年。もう22年になる。静かに燃える。はぜる音だけが聞こえる。冬の夜に。

今回、パートナーがAladdinのストーブを買った。いずれやりたいと思っているCafeで使いたいとのこと。小生も前から好きだった。

どんな具合だろうかと思って。

Dsc09070

静かに,青い炎で燃える。

Dsc09080

まさにアナログの世界で、このように上部を倒して火をつける。芯をあまり出さずに,煙が出ないようにして点火する。

Dsc09082

初めは、橙色の炎。ブルーになるまで芯を上下させて調節する。

Dsc09084

このようになると、完全燃焼で匂いもない。

Dsc09069

青い炎を見ていると、薪ストーブとはまたちがった味わいがある。静かにもえる。ほんのりと暖かい。吹き抜けの我が家の二階は,想像以上に暖かい。

アラジン・・・。いい。Cafeでは、薪ストーブを入れる予定だが、アラジンを数台使うのもいいかもしれない。味わいがある。

今回はグリーン。次回は黒とホワイト・・・?

アナログがいい。なんかほっとする。災害があっても役に立つだろう。

|

«2011年から7年