栗駒山を見ながら田植の準備

昨日から代掻き。

息子が手伝ってくれる。

62d55a3086c746a0a45d5e6968941b44

栗駒高原駅に娘を迎えに行った帰りに途中から見る栗駒山

C9906596408640d18538e82bc8c8f257

我が家の田んぼから眺める栗駒山。娘がミラーレス一眼を使って撮り始めたので真似をして。

88439e4ba6a24958b114eb122d95ec78

D860224a499c42f2b69353d0102daae2

トラクタの中では、トラブルが起きない限り退屈のように感じるが、意外にそうでもないのだ。

明日は,雨の様子なので、ちょっとお休みかな・・・?

| | コメント (0)

家の周りをどうしようか?

4c41c6ee25544c2e99a4bdc2fc29d0d0

建具が入り、光が差し込むようになった。玄関の床も完成。

7ba8fc3270fc4a189bfd1504cd5530c3

外回りをどうしようかと考えていた矢先、3月まで5人の大工の一人として我が家のために働いてくれた一さんが、庭造りを始めてくれた。

もともとは、庭造りが専門とのこと。頼もしい。

早速、トラックでゴロタを運んでくれた。

「庭造りを任せてください。やらせてください。自分の作品を残したいです。」という。

その心意気に感動。お願いすることにした。

99e6970d351d489e9ac223b1e44411f9

まずは、北側の道路に面した部分からスタート。

入り口までのアプローチを吟味したいとのこと。ストーレートではなく、異次元の世界に入るかのようにしたいとのこと。

丁寧に石を敷いていく。相当な時間をかけて,じっくりと。

 Acb61c338665476bb0b7336ffc262b98

枕木を使うことに・・・

A0447fbdd28b44c6b89bf1ae2b2a5430

21a22d06b6104482b40c5ff79bb41813

駐車スペースを含めて、枕木を95本ほど用意した。

E21ffa48ed2c48939b752d382c57c298

一さんが頑張っている間に、仙台の自宅にあるものや植木市で購入した雑木を運んだ。

木を見ていると落ち着く。

完成までにはまだまだ時間がかかりそう。楽しみでもある。

 

| | コメント (0)

光と影

最近の住宅は高気密化が進み、戸や扉から光が入ってくる様子を見ることはほとんどない。

かつての日本家屋では、障子はガラス戸が使われ,光が入る込む様子が美しく感じられた。

Img_2567_1

朝や夕方の時間の斜めからの光は面白い光景をつくりだしてくれる。

Img_2568_1

今回の新築にあたっては、建具をたくさん使った。これほどまでに使ったことは,あまりないという。

Img_2633

それだけに各部屋の機密性は高くない。

Img_2629

玄関の扉もサッシではなく木の扉とした。

今、こんな住まいを考える人はほとんどないと思う。木の香り、日本家屋のよさを味わいたいと思う。Img_2677_1

外構工事が続いている。水道がまだ。未完成。地元栗原の葛岡工務店の作品である。

| | コメント (0)

この時期の栗駒山は一番

Img_2715

4月の栗原は,風は強いが空気が澄んでいて,栗駒山は実にきれい。

Img_2707 

先週末の朝、目が覚めるとさくらの向こうに月。なんとも珍しい光景に喜び、早朝に土手に上がった。

Img_2713

東の空からは、朝日が昇る。向こうには金成若柳ICがある。

Img_2725

さくらの花も満開。

Img_2687

4月5日に種まきをした苗も順調に育つ。

Img_2732_1

夏にオープン予定の珈琲店の前は、若い庭師が一人で頑張っている。

若い感覚を生かして作ってもらっている。

Img_2729_1

好きな枕木を使ってくれた。

さて、どうなるか楽しみ。

| | コメント (0)

もうすぐ完成。終の住処。

煙突工事が終わり、ストーブが入った。

653d5bdfe675434dbe25626aa65161fb

3月末の煙突工事の様子。大工さんも板金屋さんも頑張ってくれた。

6e9040ace7f84a958c51042fbc0f3c69

庭に使う枕木を調達した。仙台にある枕木を扱う業者に直接伺ってみた。

とても親切に対応してくれた。

4dec9c1e51d94571bf67fd3d14c8d52c

そして、4月の初めに、山形のぜいたく屋さんが煙突だけを設置した。

C79115ea2d994e2c8c350f18c932dfa7

リビングには、今仙台で使っている、ヨツールの8番に。使いやすくて丈夫なストーブ。

09f6edec1e90434d9a35ba6a13100062

そして、カフェを行う予定の場所には、f602。

8f0065b6b88b46b182d069e876395e84

このレリーフが歴史を物語る。

776273aa69d74d79929a3cf6bd4e006c

栗原の家からみる栗駒山は、この時期が最も美しい。気に入っている。

| | コメント (0)

煙突工事&犬走り工事

昨年の11月1日に建前をしてから約半年近く。

やっと最終章につか付いてきた。煙突工事と犬走り。そして、水道、電気工事、庭の工事と・・・

4月中に庭の工事を残してなんとかなりそうだ。

ゴールデンウィークは田んぼ仕事と並行して引っ越しの準備・・・。

無垢材をふんだんに使った日本家屋。クロスはどこにも使わなかった。棟梁と社長がこだわった。

このブログでは,写真がアップロードされません。どうしてでしょうか?

不具合が続出のようですが・・・?

どなたか。写真のアップロードを教えてください。長年使ってきた「ココログ」にお別れをつげるのか・・・?

サイズを小さくして、以前はきちんとアップロードできたのになぜ・・・?

 

| | コメント (0)

奥が深い 焙煎

昨年10月に購入した「手廻しロースター」で焙煎をしている。

Dsc00545

火力の調整、時間の調整、温度の調整・・・・その時の外気温にも大きく左右されるが、奥が深い。

Dsc00546

1Kgの豆が焙煎できるが、800gがちょうどいい。

Dsc00549


Dsc00552

ハンドロースターでやっていたときよりもはるかに均一になり,香ばしい。

大坊珈琲店で使っていたものと同じである。

Dsc00553

大分焙煎も上手くなったが、まだまだである。珈琲は焙煎でほとんどが決まる。

香ばしく,甘さと酸味のバランスが大切なんだろう。

それらを出せるようになったらいいな-。

| | コメント (0)

上棟式から4ヶ月 無垢材をふんだんに

昨年の11月1日に上棟式をしてから4ヶ月。近くの方には「まだできないの」と聞かれる。

最近の住宅は、3ヶ月もあれば完成することが多いが、一つ一つの材料をとりながら作り上げていく我が家の場合は、まだまだである。

Img_2366

外壁の下塗りが終わった。乾燥している季節だから都合がいいらしい。

Img_2513


Img_2522

垂木の端に銅板で化粧をする。

Img_2370_2

天井もあがり始めた。杉や松や桂などを使っている。

Img_2516

柾目の杉も美しい。長押もいい。

Img_2520

キッチン奥の棚。妻の設計。

Img_2518

ほぼ完成。妻は大変喜んでいた。これは梓の木を使っている。

一枚一枚を現場のサイズに合わせてつくっていく。手間がかかっている。工事はゆっくりと丁寧に行われている。

Img_2517

風呂場に使う檜も材が加工されて届く。天井材の桂も届く。まだまだ工事が続く。楽しみである。栗原市鶯沢の,葛岡工務店の社長が頑張ってくれている。

それ以上に現場の棟梁はじめ、5人の大工さんがチームで頑張ってくれている。

| | コメント (0)

動き出したR100RS

1979年製のBMW R100RSは冬が辛い。走る分にはいいが、数ヶ月乗らないとバッテリーが上がり、エンジンがかからない。

12月頃から3月までは、一ヶ月に一度は充電するようにしている。

昨夜から充電を始めて今日エンジンをかけようとした。しかし・・・。

押しがけをしたが・・・。そんなことをしているうちに車体やエンジンが温まってきたせいか、セルを回したらボクサーエンジンが目を覚ました。

Dsc00515

南下して閖上から仙台空港方面へ。そして岩沼方面へ。かさ上げした立派な道路が続く。

かつての海沿いの道路を走ってみた。

Dsc00516

この囲いは何だろう・・・?続いている。松の木でも植えたのだろうか?

Dsc00519

夕陽が赤く染めてきた。

Dsc00520

いったん走り出すと快調に回るボクサーエンジン。心地よいサウンドとともに。

Dsc00522

右上にあるアナログ時計が,結構バッテリーの消耗をはやくしているかも?

Dsc00523

仙台空港近く。かつての姿が絵として残されている。

Dsc00525

そして今では・・・。やぐらが倒れたままになっている。

Dsc00526

今日の仙台の気温は10度まで上昇。でも、夕方の風はまだ冷たい。50kmほど走った。これで、春からまた乗れる。

| | コメント (2)

日が落ちる直前の伊豆沼

2月10日(日)の夕方4時過ぎ。先月購入した軽トラで伊豆沼へ。

Img_2381

ダイハツのハイゼット。フロントガラスの上にカメラがついている。衝突防止装置のカメラ。

車線逸脱でもブザーが鳴る。

87歳になる父が運転することもあるので、これにした。

前の軽トラは、20年以上使った。

それにしても、軽トラの性能もすさまじく向上している。軽トラとは思えない。

Img_2380

ここのところの寒さで、沼面は凍っている。幾何学模様が見られる。

Img_2386

白鳥がねぐらに戻ってくる。雁とは違って、白鳥の飛ぶ姿には、なんともいえない美がある。

Img_2422_2

Img_2423

伊豆沼の白鳥は、一頃よりも減っているような気がする。マガンはもの凄く増えているようだが・・・?

Img_2414

Img_2404_2

飛んでいても、戯れていてもいい姿を見せてくれる。人間を怖がっていない。

Img_2443

伊豆沼の夕陽が沈んでいく。

Img_2444

栗原には、まだまだいいところがある。
Img_2459
マガンも戻ってくる。
Img_2475
Img_2457
あっという間に6時近く。
妻から「どこまで行ったの?夕飯になりますよ」とメールが届く。
軽トラはなかなか快適。田舎で生活するには、これが一番かも・・・?

| | コメント (0)

«杉板や松板を使って天井を